夏ドラすべて終了

パパとムスメの7日間

■夏ドラすべて終了
夏ドラが、すべて終了して、また、特番(秋ドラに向けての番宣)が花盛りです。特に、クイズ形式のバラエテイが多くなりました。夏番は、各局ともあまり力が入らず、予算も少ないそうです。なぜならば、野球シーズンのため、どうしても視聴率が取れないのが原因だそうです(ある情報筋。それ程のことでもないか?)。そうは言っても、昔ほど、野球も視聴率が高くない状況ですが、それでも、なかなか従来の慣行は変わらないのは、役所もテレビ局も同じなのでしょう。
昔は、私も、このシーズンは、必ず、夕食をとりながら野球観戦というのが常識でしたが、その時は、奥さまとチャンネル争奪戦を繰り返していましたが、野球のスターが大リーグに行ったり、サッカーなどの台頭などで、すっかり野球を観戦しなくなりました。
ところで、今年の夏ドラですが、あまりこれっと言った番組はありませんでしたが、それでも、いくつか面白いものや主題歌が気に入ったものがありました。
逃さず見たのは「パパとムスメの7日間」。舘ひろしのパパと新垣結衣の娘がヒョンナことから人格が入れ替わってしまいます。元に戻るまでの間、娘の人格のパパは会社の新規事業の責任者としてテンヤワンヤ、パパの人格の娘は学校のテストなどでテンテコマイ。昔、「転校生」という小林聡美尾美としのり主演の尾道を舞台とした映画があって、その設定と同じでしたが、人格が入れ替わったお陰で、娘はパパのことが、パパは娘のことが理解できるようになるというドラマでした。何と言っても、新垣結衣のかわいらしさが際立っていました。そして、舘ひろしも、遂にこのようなドラマに出演するようになったかとい言った感じです。だって、dandy-papaは、「あぶない刑事」の舘ひろしのdandy高山が由来って知ってました。柴田恭平のsexy大下から Sexy-papaよりはいいでしょう。
次に、何故か、「花ざかりの君たちへ」(イケメンパラダイス)です。瑞稀(堀北真希)は、自分を助けるために怪我をしてハイジャンプを引退した佐野(小栗旬)をハイジャンプの選手に戻すために、男装してアメリカから日本の男子校に転入して、その高校の男子寮に入ります。そこでのドタバタ劇。バカバカしいのが、肩がこらずに見れた程度ですが、主題歌の「PEACH」(大塚愛)は、今、ブログを書きながら聞いています。
そして、「肩ごしの恋人」。珍しくコミックのドラマ化の多い中で、唯川 恵の恋愛小説で直木賞受賞作のドラマ化でした。米倉涼子高岡早紀の熟年(失礼かな?)コンビのドラマでした。主題歌が「チャンスの前髪」(竹内まりや)で、これも、今、ブログを書きながら聞いています。サザンの原由子とのコラボで、結構、いい曲ですがヒットチャートに乗ってきませんでした。まあ、竹内まりやも活動を一時休止していたので、久々のシングルですが、実は、今年、「Denim」というアルバムをリリースしています。結構、いいアルバムなので、聞いてみてください。なんちゃて、宣伝しましたが、竹内まりやの楽曲のファンでした。
他には、「ファーストキッス」の井上真央、「牛に願いを」の戸田恵梨香なんかも、かわいいですね。
さて、秋ドラマは、どんな女優さんが出演するか。どんな主題歌が流れるのか。楽しみです。