「あの家に暮らす四人の女」

「あの家に暮らす四人の女」
 三浦 しをん
 2018年9月15日7刷発行
 中公文庫

f:id:tetu-eng:20190317135231j:plain

すっかり、春めいたと思えば、また、冷たい風が吹き、「春に三日の晴れはなし」とは「気象ことわざ」らしいです。今年は、花粉のとびが遅いのか早いのか?多いいのか普通なのか?やたらと、目が「かゆい!」のです。目薬は、「ヒアレイン」という涙由来のものを使用して、目を洗い流すのがいいらしい・・・ということで、それを実行していますが、いいみたいです。

それよりも、最近、ぼくを悩ましているが、「口内炎」です。口内の奥の方、ほぼ喉の入り口に「ポッチ」となにかできて、「プヨプヨ」になって、そのうち、なくなって、また、できる。その繰り返しです。都合が良いのか悪いのか、お医者さんに診てもらうときには、なくなっちゃうのですよ。

先週、肺炎ブドウ球菌予防接種に内科に行ったとき。「どこか、気になることある?」「えっ、口内炎ができてるみたい」「ふむ、口内炎があっても、予防接種はできるけどね。どれどれ」 あ~ん!「うむ、どこ?」「口の奥!」「ないね~」「えっ、そうですか?」「気になるようだと、耳鼻科に行きなさい。」「予防接種しとくよ!」「はい。」

今週、花粉症の薬を貰いに耳鼻科に行ったとき。「口内炎ができてるみたい」「どれどれ!どこ?」「口の奥・・・のどの入り口」「うむ、ないよ!」「えっ!ポッチとあるでしょう」「「もっと、あ~んして!」あ~ん!ゲボゲボ!「ないね!口内炎じゃないよ」「がんでもないけどね」周りの看護婦さんクスクス。どうも、堀ちえみさんの病気の告白依頼・・・この手の患者さんが多いいみたいです。「まあ、異常はないから。大丈夫だよ。」「あふぃがちょうごぜいまちゅ!」「じゃ、花粉症の薬。今年は、これで終りかな!」

ということで、悩みの種の「口内炎」は、「口内炎」ではなく、もちろん、「がん」でもなく・・・・・それじゃ、このポッチはなんなの?まあ、口内の肌荒れみたいなものかな?口内の傷は、いつも、すぐに治るのですが・・・嫌な言葉ですが、「華麗」じゃなくて「加齢」

ぼくの好きな作家の一人。「三浦しをん」久しぶりです。

「四人の女」 アラフォーの刺繍作家の佐知、お嬢さん育ちの母親・鶴代、同じ年の佐知の友人雪乃、そして、雪乃の会社の同僚で佐知の刺繍教室の生徒の多恵美(キャピキャピの二十代)の四人が一緒に暮らす杉並の古びた洋館での物語。

細雪」の登場人物、鶴子(長女)、幸子(次女)、雪子(三女)、妙子(四女)と微妙に似ているのは作為的か?って、作為的なのですが、そこが面白い。

『「ねぇ、気づいている?」
「私たち「細雪」出てくる四姉妹と同じ名前なんだよ」
それはたいてい、晩に四人がリビングに集っているときだ。鶴代はいもけんぴんをつまみながらテレビドラマを鑑賞し、雪乃はストレッチと称してパジャマ姿で案山子のようなポーズを取り、風呂上りの多恵美はパンツ一丁で脛毛を抜く。ダイニングテーブルで刺繍のデザイン案を描いていた佐知は、そんな姿を見てため息をつく。』

この四人ののんびりした暮らしの中で、二つの事件が起こる。一つは、多恵美の元彼のストーカー事件。もう一つは、土砂降りの雨の夜中に侵入してきた強盗事件。でも、この小説の主役は、カラスだったのです。というより、カラスの力で黄泉の世界から引き戻された佐知の父親の魂だったとはビックリです。

『きみたちは見守られている。私は、すでにこの世にはいない多くのものに。知らないだろう。それでいい。きみたちは生きているのだから。』

 ぼくは、生きているのだから。そして、亡くなった父や母、おじいちゃん、おばあちゃん、ぼくを知る人たちに見守られている。だから、口内炎なんてへっちゃらだ!!!

「1R1分34秒」

「1R1分34秒」
 町屋 良平
 文藝春秋3月号

f:id:tetu-eng:20190310150138j:plain

第160回芥川賞に選ばれた2作品のうち、先週、「ニムロッド」を紹介しました。今週は、「1R1分34秒」です。最近、2作品の選定が多いかな?と、思って調べてみたら、過去10年間で6回もありました。上期と下期と年2回あるので、20回のうち6回なので3割。ついでに、その前の10年を調べてみると、4回、さらに、ついでに、その前の10年を調べてみると、6回。ということで、2作品受賞は珍しいことではないということが解りました。

人の感覚というものは、このように当てにならないものです。したがって、「統計」というものは、客観的に数字化できるので、万人が納得できるエビデンスです。いわば、民主主義の根幹をなすものといえると思います。遠まわしに話が進みましたが、「勤労者統計月報」などの国の基幹統計の信用性が問題になっています。

そもそも、「統計方法の報告に改ざんはあったが、意図的ではない。」なんて、国会答弁がおかしい。なんと、弁解しようと、統計に不備があったことは否めない。統計・・・会社の決算も同じ・・・は、同じ手法で実施しないと、数値の変化を認識することができない。途中で、手法を変えてしまうと統計の継続性が失われてしまいます。企業会計原則にも重要な原則として、継続性の原則があるのは周知のことです。

ところが、役所では、統計部門は、いわば閑職であることが多いいという一面があります。やはり、花形は政策部門であり、許認可部門で、統計部門は人気がないというのが「ほんと」らしいです。その風潮は、やがて、チェック機能の働かない部門となっていきます。それは、国会でも同じです。決算委員会なんて、だれも希望しない。しかし、企業では、決算が経営者の成績表であり、その部門は重要なポジションです。

国の会計が、予算主義から決算主義に変わっていくとき、「統計」も為政者の成績表であることが、再認識されるのではないでしょうか?

芥川賞から脱線してしまいました。いつものことですが・・・?

「1R1分34秒」のタイトルから、これは、ボクサーがモデルであることは、推測のとおりです。4回戦ボーイの「ぼく」は、初戦KOで華々しく勝ってから、二敗一分けと負け込んでいる。今日の相手は、「青志くん」。しかし、3RでKO負け。この敗戦を引きずりながら、ボクシングのトレーニングを重ねます。

『「おまえは死力を尽くしたか?」
「最後の最後までいっこのボクサーを遂げたのか?」
「さいごのダウンで、おまえはほんとうに立てなかったのか?ほんとうには立てたんじゃないか?」
「奇跡の大逆転は、ほんとうにありえない未来だったのか?」』

5戦目に向けてトレーナーが交代。新しいトレーナーの「ウメキチ」の指導を受けながら、反発しながら、つねに、心の葛藤に向き合いつつ、トレーニングを続けます。

ついに、試合相手の「心くん」が決まり、5回戦へのカウントダウン。減量が始まりました。ボクサーとしての最大の難関。「ぼく」は苦しみます。その苦悩が、とんでもないリアルに描写されています。

「ニムロッド」と「1R1分34秒」は、ともに読ませる小説でした。ただし、ぼくは、「1R1分34秒」をお薦めします。

「ニムロッド」

「ニムロッド」
上田 岳弘
文藝春秋3月号掲載

f:id:tetu-eng:20190303155444j:plain

「ニムロッド」の意味・・・旧約聖書の登場人物、詳細に説明すると長くなるので省略。もうひとつ、イギリス空軍の対潜哨戒機の名前。

『駄目な飛行機コレクション NO.8
BAE ニムロッド AEW.3
1976年に始まったイギリス空軍のニムロッドを早期警戒機(AEW)にするプロジェクト。機首と尾部に大型レーダーを搭載し、周囲の警戒を行う仕組みであったが、開発費用の面よりアメリカ製ボーイングE―3早期警戒管制機の導入が決定され、AEW.3は失敗作となった。』

 

と、途中で余談ですが、

今週、会社のレクレーションの流れで、友人のTさんのバイオリン独奏会を企画・開催。Tさん、4歳からバイオリンを習っていたとのこと。鼻をたらして、袖にこすりつけていた、ぼくたちの世代で、バイオリンを習っていたって、「どんだけ~」。でも、結婚して30年間のブランクがあり、退職を機会に、また、個人レッスンを始めたとのこと。

どんなパフォーマンスなのか・・・内心、興味津々でしたが・・・映画音楽をメインとして12~3曲を暗譜で弾ききったのには、「ビックリ!」でした。さすがに、独奏会を引き受けただけはあります。「芸は身をたすける」といいますが、なにか、ひとつ、こういった特技があると第二の人生が豊かになるような気がします。

ぼくも、極めて庶民的なウクレレを趣味にしていますが、暗譜ができないのですね。Tさんに尋ねてみたら、「集中的に100回は弾かないと、暗譜はできなよ!」とのこと。やはり、そうなのだ。音楽・楽器も、才能は必要かもしれませんが、努力することが一番、必要なことなのだと・・・この歳になって、あらためて認識しました。

そこで、最近、ウクレレのソロ弾きの動画を、フェイスブックにアップすることにチャレンジしています。2~3週間ぐらいで1曲を仕上げてアップしたいな、と思っています。このチャレンジにより、動画でソロ弾きの音をチェックできること、1曲を弾ききって仕上げること、などで技量をアップできるのではないかと期待しています。興味があれば、フェイスブックで、ぼくの拙いウクレレ演奏を聴いてみて下さい。

と、余談はこのぐらいにして、「ニムロッド」です。
今年の第160回芥川賞の受賞作品です。今回は2作品が選ばれています。
この小説の登場人物はシンプル。主人公は、SEの中本哲史。彼の同僚のニムロッドこと、荷室。そして、彼の彼女のキャリアウーマンの田久保。の3人がメインキャスト。
あらすじは、ビットコインの採掘を任された中本・・・仮想通貨の仕組みが縷々説明されているが、さっぱり理解できない・・・その同僚から、「駄目な飛行機」のメールが度々送られてきます。その実態は、荷室は小説家志望。そこに、仕事に疲れた田久保が、中本に癒しを求めます。


『高い塔みたいに価値を積み上げる僕の新しい通貨。いつか雲を突き抜けてその塔が高くそびえたならば、その最小単位が顔を出す。nimrod‘塔の上に最後に残った人間、人間の王。
 僕は上空を向いたまま自分の思い付きにしばしとらわれる。それからふと我に返ると、飛行機の影はすっかりなくなっていた。』

「駄目な飛行機」「仮想通貨の採掘」など、駄目な人間だから、塔のてっぺんから太陽を目指す。「努力」という言葉を使わずに、積み上げていく「何か?」を追い求めているのではないか?そんな「クサイ」メッセージかな?いやちがう!アイロニーなのだ。すべてが虚無ということ。

「ジーヴスの事件簿 大胆不敵の巻」

ジーヴスの事件簿 大胆不敵の巻」
P・G・ウッドハウス
2018年11月30日第11刷
文春文庫

さて、今週は、まじめに「読書雑感」を書きます。「読書雑感」が面白くない人は、読み飛ばしてください。ただし、後悔するかもしれません。

f:id:tetu-eng:20190224143144j:plain

ジーヴスの事件簿 才智縦横の巻」「ジーヴスの事件簿 大胆不敵の巻」と、2冊を連続して読みました。この本は、前回も書きましたが、皇后陛下のご愛蔵の本らしいです。そういった記事が、今月の文藝春秋に掲載されていました。なぜ、この本を皇后陛下が好まれたのか・・・その理由を、読了後のぼくは、???、理解できませんでした。

か、と言って、面白くなかったという意味ではありません。ひょっとしたら、皇后陛下は訳本ではなく、原文で読まれたのかもしれません。どうしても、小説は、原文と訳本では、細かい描写などに差があるのは致し方ないことだと思います。ぼくは、残念ながら、原文で読むほどの英語力がないので、世界一翻訳技術の発達した日本語訳で読みましたが・・・。

余談ですが、日本人が中高大と6年~8年ぐらい英語を勉強して、語学力が育たない一番の原因は、明治以降の翻訳技術の高さらしいです。わざわざ、原文で読まなくても、あらゆる外国図書(専門書を含めて)が高度な翻訳技術で和文となっているからしいです。まあ、これは、語学力がない人間のいい訳かもしれませんが・・・・。

話を元に戻します。

時代背景は、20世紀初頭のロンドン。ヨーロッパ列強の植民地政策にかげりが見え始め、やがて第二次世界大戦(1915年~)、世界恐慌(1930年)へと歴史は流れていく、ちょうど、その前ぐらいのイギリスのロンドンが舞台。

登場人物は、イギリスの独身の青年貴族バーティと彼を取り巻く貴族の親戚、友人、そして、彼の極めて有能な執事ジーヴス。

物語は、主人公バーティの周辺で巻き起こる事件・・・いわゆる殺人事件などではなく、家庭内トラブルや友人ビンゴの恋愛トラブルなど・・・を、有能なる執事ジーヴスが、見事に解決するという連続短編のユーモア小説。

『で、ジーヴスのことなんだが・・・うちの従僕のジーヴスさ・・・僕らの関係は、どう言ったものだろう?僕がやつに頼りすぎだと思っている人間は多い。それどころかアガサ叔母なんぞは、ジーヴスのことを僕の飼い主とまで言った。でも、僕に言わせれば「それで何が悪い?」さ。あの男は天才だ。首から上の働きにかけては、誰一人かなうものはない。ジーヴスが来て一週間もたたないうちに、僕は自分のことを自分で処理するのをやめてしまった。』

 これほどに信頼のおける従僕なんて素晴らしいと思いますが、逆に言うと、ここまで信頼をする主人もなかなかのものです。しかし、小説では、主人公バーティは、ジーヴスを頼らずに自分でアレコレ解決しようとしますが、うまくいかずに泥沼に入って、結局、ジーヴスのお世話になるというのが、お決まりのストーリーなのです。

それにしても、この時代の英国貴族の生活は、仕事もしないで、お茶とパーティと競馬、ときには、テニス、ゴルフなどの遊び三昧だったようですが、これでは、やがて、やってくる帝国主義の崩壊は、必然的な時代の流れなだったのでしょう。

「ジーヴスの事件簿 才智縦横の巻」

ジーヴスの事件簿 才智縦横の巻」
P・G・ウッドハウス
2018年11月5日第10刷
文春文庫

週末からの副鼻腔炎のため、テニスを休み、パリのスターバックスで買ったマグカップに、小川珈琲のドリップコーヒーをいれて、ダバ♪ダー(^^♪
今週のビックリ!

f:id:tetu-eng:20190217093832j:plain


池江璃花子さんの白血病。昨年のアジア大会での大活躍は記憶に新しい。まだ、18歳とのこと。東京オリンピックでの活躍が期待されたアスリートですが、ご本人の思いは余人では計り知れないものがあるでしょう。つきなみですが、とにかく、療養に専念されて、元気になられることを祈念しています。

それにつけても、ぼくは、マスコミの報道には不快感を覚えます。某大臣の言葉足らずの発言を取り上げて非難しても詮無いことです。むしろ、そういった騒ぎ方をすることが、ご本人には、不快なことだと思います。とにかく、最近のマスコミは、言葉を切り取って、やり玉に挙げる報道が多すぎます。

もうひとつ、幼児虐待の問題も、学校や児童相談所にも不手際があったかもしれませんが、ほんとうに悪いのは、虐待をしていた親です。むしろ、なぜ、この親が虐待をしたのか・・・これが、根本的な問題です。そのことに言及する報道が見受けられないのは、なぜなのでしょうか?

もっと、こんな酷いことをやっていた親は、許せない。こんなことをしていけないんだ!という虐待抑止のための報道をするべきではないでしょうか。・・・と、思うわけです。たぶん、あまりにも酷すぎて報道に耐えられないのかも?こんな親を育てたのは、誰なの?

とにかく、ぼくの育てられ方が決していいとは思いませんが、少なくとも、ぼくは、人殺しはやっていません。当たり前ですが。ぼくの親は、大正・昭和初期の生まれでした。少し、過激かもしれませんが、「子供は牛馬と同じ」・・・悪い行いは体で覚えさせるという考え方でした。そんなことをこの時代に言ったら、大変なことになるかもしれませんが、ある意味、真理だと思います。

だいたい、教育評論家なる輩が、心地よい教育論をふりまいていますが、その結果が、今の時代のDVの多発とは思いませんか?たとえば、「坂の上の雲」「世に棲む日々」などの司馬遼太郎の小説を読んで、幕末・明治の教育について、感銘を覚えた方は多いと思います。

たとえば、吉田松陰の師である玉木文之進は、論語素読中に幼少の松蔭の頬にハエが止まったため、松蔭がそのハエを追い払ったことに対し、その行為は私情であると怒ったそうです。ちょっと違うかもしれませんが、子供を育てるのは公です。でも、子供を虐待するのは私情です。

あれ?いかん!いかん!話がどんどん寄れてしまった。

P・G・ウッドハウス・・・翻訳本を読むのは久しぶりですが、皇后陛下もご愛蔵の一冊だそうです。誌面がなくなったので、読書雑感は、来週、「ジーヴスの事件簿 大胆不敵の巻」を読了後にします。

なお、いま、併行して読んでいるのが、「極夜行」(ノンフィクション本屋大賞受賞作)、「ニムロッド」(2019年芥川賞受賞作)、「お金の整理学」(外山滋比古)。なんと、4冊の同時進行状態。頭の中は、ごちゃごちゃ。「執事のシーブスが・・・株式投資でハラハラして・・・グリーランドの極夜行の冒険に出て・・・ビットコインを採掘している」何で、こんなことになったのか?反省中。

「今宵、バーで謎解きを」

 

「今宵、バーで謎解きを」
鯨統一郎
2013年1月20日第1刷
光文社文庫

 

f:id:tetu-eng:20190210135243j:plain

お気づきになったでしょうか?先週、ブログの仕様が変わりました。


今まで、無料ブログサービスの「はてなダイアリー」を利用していたのですが、それが廃止になり、「はてなブログ」に変更になりました。何が、変わったって・・・・?ぼくも、よく判りませんが、お陰で、10年間のデーターをインポートする作業で、先週は、ちょいとパソコンに入り浸っていました。

苦労の結果、いいことがありました。新しいシステムでは、いままでは有料だった「アクセス解析」が無料で可能になっていました。それをみて、ビックリ!今月のアクセス数が100PVを超えていました。「えっ、誰が、ぼくのブログを見ているの???」と、細君に問いかけると、「日本全国の人が、例えば、ウクレレで検索すると、あなたのウクレレの記事が検索されるのよ。その人が、クリックすると1PVになるのよ。」

「うへぇ!!!」恐ろしいことです。このペースでいくと、月間500PVぐらいになりそうです。ところで、PVには、同じ人が何度も見た場合はどうなるのでしょうか?誰か、知っていたら教えてください。それにしても、ぼくのブログにコマーシャルが貼り付けられていますが、結局、無料ブログサービスの会社は、PV数に応じて、コマーシャル料を徴収しているということなのでしょう。

うむ、と、すると・・・・有料ブログサービスに切り替えると、コマーシャル料は「ぼくのもの」かな?まあ、500PVぐらいでは、商売にはならないとは思います

が・・・。でも、これからブログの記事のバージョンをアップさせて、ブロガーとして頑張っちゃおうかな!なんちゃって!

鯨統一郎さんの推理小説は、初めて読みました。名前は、ときどき、2時間ドラマの原作者として、見かけることはあります。ライトノベルですが、本というものは、読めば何かしら勉強になるものです。桜川東子(さくらがわはるこ)シリーズの一冊らしいです。

渋谷区のバーで夜な夜なマスターと2人のお客が(通称「ヤクドシトリオ」)が、なぜか未解決事件の話を始めると、片隅で佇んでいた東子さんが、いとも簡単に推理して事件を解決する。そのときのキーワードが、つねにギリシャ神話という、いかにも飛び跳ねたストーリーです。

7つの短編の始まりは、なぜか、昭和の子供時代の様々な遊び、これが、そんな遊びがあったなという子供時代を思い出させる内容。そして、毎度、ワインとチーズの講釈。ここまでは、事件の解明とは何の関係もない前段。いよいよ、事件の解決に段になると、様々なギリシャ神話が語られる。

トロイの木馬
あまりにも有名な逸話だ。
小アジア西端のトロイア(英語の発音ではトロイ)とギリシャの間で戦争が起きた。十年ほどの膠着状態の後、ギリシャ軍は巨大な木馬を作ってトロイアの城門の外に置く。トロイ軍はその木馬を城内に引き入れ、勝利の祝杯を挙げる。ところが木馬の中には、大勢のギリシャ軍の兵士たちが潜んでいて、トロイア軍の兵士たちが酒を飲んで寝静まった頃、木馬を抜け出して襲いかかり、火を放ち、ついにトロイア軍を打ち負かすのだ。
「木馬を城内に入れてしまったトロイア軍が間抜けすぎますね」』

ってな調子です。バーでチーズをさかなにワインを飲みながら、ギリシャ神話の話をするのも悪くはないですね。そういえば、ギリシャ神話の本を持っていたのですが、どこにいっちゃたかな?

 

That brings back memories.

That brings back memories.

f:id:tetu-eng:20190201183224j:plain

久しぶりの岡山出張。マリンライナーアンパンマン列車で・・・と思ったら、これは、徳島行き「しおかぜ」でした。同じホームの奥にマリンライナー高松行きが待機していました。これに乗車して児島まで。児島の駅前は、相変わらず、ジーパンが干してありましたというか、ちょうど、干し変えの作業中でした。

f:id:tetu-eng:20190201110129j:plain

児島での仕事の前に、「たかとうどん」(屋号)で醤油うどんをいただきました。うむ、結構、美味しかったです。食べ終わってレジに行こうとしたら、昔の同僚のKさんにバッタリ。「やあ!久しぶり!」と、お互いの健在を確認して、つかの間の旧交を温めました。奇遇なり。

f:id:tetu-eng:20190201121039j:plain

仕事を終えて、岡山に戻り、ここでも一仕事。その帰りに、岡山市内を「ぶらり」。懐かしい「奉還町商店街

f:id:tetu-eng:20190203143706j:plain

That brings back memories.
Being here, I feel like I’ve gone back in time to the Showa Era.

ここらで、一息と思いましたが、まだ、お目当ての店は開店していません。
そこで、思案の結果、明石で寄り道することに決定。

f:id:tetu-eng:20190203143703j:plain

明石は、最近、再開発が完了して、すっかり様変わりしています。・・・が、とにかく、「魚棚」を目指して、新幹線の中で検索したお店「海路」に直行。開店したばかりで一番乗り。カウンター5席。立ち飲みスペース6人程度の小さな居酒屋さんです。


まずは、ビールを飲みながら刺身の盛り合わせ(サーモン、かんぱち、まぐろ、たい)。関東煮(ごぼてん、たまご)。

f:id:tetu-eng:20190201173751j:plain

つぎに、お酒は、魚住の茨木酒造の「来楽」(これは、おいしい!)を切子のグラスで一杯。たこの天ぷらも注文(これも柔らかくて美味しい)。


さいごに、江井ヶ嶋酒造の「ウイスキーあかし」のハイボール。つまみに、カモ肉と猪肉(こりゃうまい!)

f:id:tetu-eng:20190201182926j:plain

すっかり、地産地消を満喫して、勘定は?なんと、二人で、6千円切った請求。おもわず、「えっ!」「おねえさん、こりゃ、三宮では一万はとるよ。恵比寿じゃ2万だね。」なんて軽口を飛ばして、すっかり、気分上々で帰宅しました。