「風神雷神 ~下~」

風神雷神 ~下~」

原田マハ

PHP文芸文庫

2022年1月6日初版

 

雪、雪、雪

大寒波襲来で日本列島は、日本海側を中心に大雪。交通網は、大打撃。こういう時は、家で丸くなっているのが一番。朝6時、早朝散歩の公園は、ご覧のとおり。滑って転んではいけないので、流石に、写真を撮って、帰りました。

 

 

昨年末から今年に入って、同年代の訃報が続いています。極め付きは、同期入社の朋友。これは、ショック。今どき、六十代は、早すぎるでしょう。ご冥福をお祈りします。

 

ここで、先週に引き続き、「養生訓」から、養生の奥儀は、「十二少」である。

 

『食を少なくし、飲むものを少なくし、五つの味付けを少なくし、色欲を少なくし、口数を少なくし、事を少なくし、怒りを少なくし、憂いを少なくし、悲しみを少なくし、思いを少なくし、寝るのを少なくすべきである。何でも少なくすると元気が減らず、脾腎をそこなわない』

 

これは長生きする道である。

 

特に、飲み過ぎはよくない。年末に、同年代の友人が、忘年会で帰る途中、転んで鎖骨骨折と肋骨骨折。転ぶと骨折に繋がります。

 

ところが、肋骨骨折の御仁、びっくり、一月でテニスに復活。コルセットはしているが、別に痛くはないと、元気にテニスをしていました。えっ、肋骨骨折って、その程度なの?

 

風神雷神」の下巻です。最近、本を読むスピードが遅くなりました。上巻下巻、それぞれ400ページの文庫本を読了するのに3週間かかっています。まあ、これだけを読んでいるのではありませんが、どうも速読は苦手です。

 

さて、下巻では、天正遣欧使節俵屋宗達は、艱難辛苦を乗り越えて、漸く、ポルトガル、スペインを経由してローマに到着します。

 

そして、各地で王族級の歓待を受けました。宗達は、各地で、ミケランジェロ、レオナルドダヴィンチなどの西洋名画に出合い、バチカンでは、ローマ教皇に謁見し、織田信長から託された「洛中洛外図屏風」を献上しました。

 

さらに、システィーナ礼拝堂の天井画(ミケランジェロ)、その後に訪れたサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の「最後の晩餐」(レオナルド)には、圧倒されるのです。

 

『横長の卓の中央で、何かを語りかけるように、またすべてを受け入れるように、両手を広げ、思慮深いまなざしを放つその人。いとも美しく、またさびしげな表情を浮かべたその人こそは、イエス・キリスト

救い主の周りに集まっている人々は、キリストに愛されし十二人の弟子たち。』

 

グラツィエ教会で、宗達は、一人の少年絵師に出合います。その少年こそは、強烈な明暗のコントラストの「キアロステーロ」と呼ばれる技法を確立させた天才画家カラバッジョだったのです。

 

天正遣欧使節に絡めて、俵屋宗達、カラバッジョという同年代の東西の天才絵師を結び付けた壮大なアート小説。これが、原田マハの真骨頂です。

健康医学書として、「養生訓」

健康医学書として、「養生訓」

貝原益軒

松田道雄

中央公論新社

2020年1月25日改版

 

大衆食堂「金時」

大衆食堂・・大衆酒場・・元町駅のすぐ近く、「金時」。チョイ飲み、ガッツリ飲み、どちらでも。お値段お手頃。サラリーマンの癒し処。何度か、お世話になりました。少々、騒がしい・・・コロナ下では、リスク覚悟。

この丁度、地下1階が、ジャズ喫茶「jam jam」。このコントラストが、妙ですね。

 

 

1年前に買って本箱に飾ってあった「養生訓」。今年の古典に親しむ第一弾です。昨年は、「歎異抄」、「方丈記」でしたが、途中で、やや飽きましたね。今年は焦らず、毎日、少しずつ、読み進めることとしました。

 

なぜ、一気に読まないのか?古典は、噛みしめながら、愉しみながら、それに、新刊本ではないので、早く、売りに出す必要がないからです。と言っても、2か月ぐらいで読了する予定です。

 

えっ、ところで「養生訓」って何?

 

ときは、江戸時代中期(1712年)、貝原益軒という医者・儒学者が、83歳の時に「健康医学書」として書いた書物。当時の平均寿命が40歳程度、益軒さんは、84歳という長寿でした。

 

現代、「○○歳からの健康法」など、多くの健康本が、書店に平積みされていますが、「養生訓」は200年もの間、読み継がれたものです。きっと、ありがたい健康指南書だと確信しています。

 

「養生」とは、不健全な生活をせず、健康の保持・増進を心がけること。「訓」とは、注意、戒めのこと。

 

もちろん、原文は、とても読めないので、松田道雄さんの訳本です。松田さんは、お医者さんですが、もう、お亡くなりなっています。

 

さて、なぜ、「養生」をするのか?益軒さんは、

 

『天地のみたまもの(御賜物)、父母の残せる身なれば、つつしんでよく養ひて、そこなひやぶらず、天年を長くたもつべし。』

すなわち、

 

『人間のからだは父母をもとにし、天地をはじまりとしたものである。天地・父母の恵みを受けて生まれ、また養われた自分のからだであるから、自分だけの所有物ではない。天地からいただいともの、父母の残して下さったからだであるから、慎んでよく養って、痛めないようにして、天寿を長く保つべきである。』

 

ここから、益軒さんの「養生」についての「戒め」が、スタートします。

 

予定では、2か月後に「読書雑感」です。すこし、読んだ感じでは、小難しい内容ではなさそうなので、飽きずに読了できそうです。

「風神雷神 ~上~」

風神雷神 ~上~」

原田マハ

PHP文芸文庫

2022年1月6日初版

 

和太鼓倶楽部のTシャツ

年始早々、和太鼓倶楽部のTシャツを制作することとなり、新入りのぼくは、ご指名によりデザインを考えることとなっちゃいました。

「どうする!ぼくちゃん!」

やむを得ず、未熟なパソコンを駆使して、シンプルなデザインを考えましたが、これを誰が発注するの?また、お鉢が回ってきそう。

 

 

入会5か月、練習に参加したのは、まだ、6回。にもかかわらず、「4月の桜の時期のお祭りに舞台参加の申し込みをしたので、そのつもりで!」

 

「えっ!」「ぼくは、まだ、未熟者。」「大丈夫、大丈夫!」

 

そこで、必要になったのが、ユニフォーム。そんなのいいじゃん。とは思ったが、熱心な先輩たちが、Tシャツぐらいは必要と主張、ということでTシャツを制作することとなりました。

 

演目は、「太鼓囃子」3分チョイ。そのために。

 

できるだけコストを抑えるために「白Tに既存のフォントの黒文字」でデザイン。まあ、デザインというほどのことではないが、ごちゃごちゃさせずに、思い切ってシンプルにしました。

 

さて、これで、皆さんが納得するでしょうか?ほんと、怖いわ!

 

余談は、ここまでで、今年最初の読書雑感は、原田マハの「風神雷神 ~上~」です。

 

風神雷神図」で、もっとも有名なのは、俵屋宗達の「風神雷神図屛風」です。京都国立博物館にあるらしいのですが、残念ながら、ぼくは、鑑賞したことはありません。

 

俵屋宗達は、江戸時代初期に活躍した絵師ですが、その生涯は不明な点が多いいらしいです。評価され始めたのは、江戸後期から明治以降ということで、海外への流出が多いとのことです。

 

そこに目を付けたのが、原田マハ。その生涯が不明ならば、小説になりやすい。宗達は、マハの独特なフィクションの世界に引き込まれました。

 

ときは、安土桃山時代宗達が14歳の頃、織田信長に絵師としての腕前を認められ、信長から宗達命名された。その後、信長の命により、当代随一の絵師である狩野永徳のアシスタントとして、「洛中洛外図」を描いた。

 

さらに、信長は、宗達に、天正遣欧使節の一員としてローマに赴き、「洛中洛外図」をローマ教皇の献上すること、さらに、ローマの万物を描き、さらに、活版印刷技術を習得することを命じた。

 

なんと、奇想天外なフィクション。さすが、小説家です。たぶん、書いていると次から次へと、妄想に次ぐ妄想が頭の中に浮かんでくるのでしょう。

 

上巻では、天正遣欧視察が、出航して、マカオ、マラッカ、ゴアまでたどり着きました。これから、宗達には、どんな事件が待ち構えているのか、乞うご期待。

 

『風神は、東の空にいて、風を起こす。その怒りに触れると、たちまち風が吹き荒れる。

 雷神は、西の空にいて、風神の怒りに呼応するように、雷の槍を閃かせ、大地を揺るがす雷鼓を打ち鳴らす。』

 

「風邪ひいてまんねん」でお馴染みの改源は、風神様ですね。

ぶらり、三社参り・・・石清水八幡宮

ぶらり、三社参り・・・石清水八幡宮

名物 やわた走井餅

「真清水の 走井餅を 二つ食べ (高浜虚子)」

羽二重の餅にこしあん 手のひらサイズの和菓子。石清水八幡宮の参詣のあと、門前の走井餅老舗で、ちょっと一息に走井餅を二つ食べました。

 

お正月は、三社参り。子供の頃、元日には、家族で、赤間神宮、亀山神社、厳島神社の三社をお参りするのが慣例でした。

 

今年は、頑張って、三社を回りました。

 

1月1日、「湊川神社」ここは、毎年の恒例。

 

1月4日、「生田神社」久しぶりでしたが、生田さんは、4日でも多くの参拝の人で賑わっていました。

 

そして、1月5日、「石清水八幡宮」まで、足を延ばしました。場所は、京滋バイパス 久御山淀ICから約15分。男山の峯に都の裏鬼門を守護するために創建(860年)とのこと。

一の鳥居から二の鳥居を経て、表参道をひたすら登ります。

三の鳥居から平坦になり、南総門に辿り着きます。

南総門をくぐると、八幡造の国宝の社殿。

朱塗りの煌びやかさに圧倒されます。ここで、家内安全、一家健康を祈念して、「八幡御神矢」を受領。

展望台からの眺めは、京都随一とのこと。手前の赤い鉄橋は、京阪電鉄。その下の川は、木津川。その先の高架道路が京滋バイパス。その北側は、京都の全貌。

下山は、ケーブルカーです。登りは、徒歩30分。下りは、ケーブルカー5分。楽チンでした。

 

このあと、抹茶パフェを求めて、宇治へ向かいましたが、お目当ては売り切れでした。

 

ということで、今年は、めでたく三社参りができました。

つぶやき、謹賀新年

つぶやき、謹賀新年

 

新年あけましておめでとうございます。

 

2023年(令和5年)の元日。

 

今年は、正月が、日曜日です。

 

といっても、曜日感覚が、ちょっとトラブル状態ですが。

 

さて、元日の定番と言えば、

 

一つ目は、6時半に起床。7時過ぎの初日の出の間に合うように、身支度を整えて、近くの公園へ。待つこと10分で、見事な初日の出を拝み、今年の「無病息災」を祈念。

二つ目は、お雑煮を食べて、初詣。いつもの「湊川神社」へ。コロナ行動制限のない正月とあって、昨年と比べると人出は、ほぼコロナ前と同じくらいで、入場制限をしていました。ここでも、今年の「無病息災」「家族健康」を祈念。

三つ目は、書初め。お題は、「「情偏好興轉豪」(読み:ジョウヒトエにヨく、キョウウタにゴウなり)「意味:心はさわやかで興趣がわいてくる」今年のお習字の上達を誓う。

ということで、本年も、よろしくお願いいたします。

「まち」

「まち」

小野寺史宜

祥伝社文庫

令和4年11月20日初版

「青柳」

元町アーケードから一筋ほど山側に元町北通りがあります。「jam jam」でジャズを聴いて、その通りを神戸駅に向かって歩きます。通りの中程には、神戸のウナギの名店「青柳」があります。

濃紺の暖簾がかかっているのに、その横の格子窓には、「準備中」の木札がぶら下がっていました。ぼくは、まだ、入ったことがありません。二階、三階は、たぶん、座敷でしょうか。椅子席でしょうか。

ウナギの味はどうでしょうか。黒色の排煙ダクトが、黄土色の壁に張り付いています。匂いがしないので、まだ、焼いていないようです。定休日かな。

 

2022年、令和4年は、残り、僅か。ついこの前に、初詣に行ったと思っていたら、もう、来週には、湊川神社にお参りです。

 

思い起こせば、今年は、いろいろ不調がありましたが、おおむね復調して、大事に至らずに、年末を迎えることが出来ました。ありがたいことです。感謝。

 

来年、ぼくは、「古希」を迎えます。どんな年になるのか?ワクワクドキドキ。とにかく、「健康第一」で、愉しく、面白く、そして「清く、正しく、貧幸に」過ごしましょう。

 

今年最後の読書雑感は、小野寺史宜の「まち」です。

 

小野寺さんの「ひと」の続編的な小説です。小説の中に、砂町銀座商店街の「田野倉」という総菜屋さんがでてきて、そこで、主人公がコロッケを買うのですが、この場面、「ひと」を呼んだ方は、「あっ、田野倉だ」と気がつくでしょう。

 

「ひと」に続いて「まち」も、優しい気持ちになる青春小説です。

 

主人公の江藤瞬一は、ある事情でお祖父さんに育てられます。瞬一が、高校を卒業すると、お祖父さんは、進学か、就職か、いずれにしても、村から出て東京に行くことを勧めます。

 

『「瞬一は東京に出ろ。東京に出て、よその世界を知れ。知って、人と交われ」

「じいちゃんは?」

「ここに住む。じいちゃんは村の人間で、もうとっくにじいちゃんだ。ここを出る気はない。」』

 

というわけだ、瞬一は、東京に出たが、進学もせず、就職もせず、コンビニでアルバイト、そして、今、引越のバイトをしている。

 

瞬一の住まいは、荒川沿いのアパート、知り合いのいない東京で、コンビニ、引越しの同僚、アパートの住人など、多くはない知人と交わりながら、青年は、日々、成長していきます。

 

特別な事件もないし、恋愛もないし、これで、小説が成り立つのか?不思議ですが、テーマがない小説も、成り立つのです。「ひと」の暮らし、そして、「まち」での暮らし、瞬一という田舎から出てきた青年の生活が小説のテーマになっているのです。

 

それが、面白いのか、というと、小説に強烈なメッセージはありませんが、優しい時間を提供しているという小野寺小説の真骨頂かもしれません。

 

『だから、たまにはこうして荒川の河川敷を走る。毎日何キロ走るとか、雨の日でも必ず走るとか、そんなふうに決めはしない。走りたいな、と思い、晴れてて気持ちよさそうだな、と思ったら、走る。河川敷の舗装道を海の方に下っていく。』

 

 

人生って、ほんとは、そんなものかもしれません。

 

これにて、本年、最後のブログでした。1年間、お寄りいただきありがとうございました。

 

休日のつぶやき、「日乗」とは。

休日のつぶやき、「日乗」とは。

「ふたば学舎」

「ふたば学舎」については、前々回に、紹介しました。ここで、和太鼓の練習を隔週でやっています。最近、少子化で学校が統合されて、廃校を活用したコミュニティ施設が増えています。旧北野小学校の「北野工房」、旧湊山小学校の「みなとや水族館」など

「ふたば学舎」では、社交ダンス、コーラス、フラダンスなど、シニア対象の様々なイベントがあります。ぼくの「和太鼓」は、有志の集まりのトレーニングですが、アフターの「サイゼリア」でのランチタイム(ちょっとのアルコール)もお楽しみです。

 

「日乗」という単語を知っていますか?「乗」とは、記録するという意味です。「日」を記録する。すなわち、「日記」のことです。

 

ぼくは、若い時から、日記を書いては、途絶えたり、を繰り返してきました。誰にでも、経験があることだと思います。

 

そこで、何を思ったのか、いまでは覚えていませんが、1997年に、新たなアイテムとして「3年日記」を買いました。

 

そこから、25年間、日々、100文字の記録を書き始めました。どういうわけか、これは、長続きしています。もちろん、天気欄にも記入します。

 

「2020・2021・2022」版は、あと二週間で終わります。よい区切りです。次の「2023・2024・2025」版は、新たなステージ。古希への突入です。気持ちを新たにして、日々を記録することができます。

 

何を記録するのかって?

 

「一日で、一番記憶に残ったこと。楽しかったこと。悲しかったこと。面白かったこと。とにかく、五感に感じたことを一つ記録する、観察することを心がける」という方針です。

 

世の中、公開された日記は沢山ありますが、日記の達人と言われる文人を紹介しましょう。

 

断腸亭日乗」という日記。著者は、永井荷風。断腸亭とは、荷風の号。居宅の一部の呼称らしいです。大正6年から昭和34年(死の前日)までの世相を綴った名著と言われています。

ここからパックって、ぼくの日記は、「藤庵日乗」を名付けています。「藤庵」とは、わが家の季節に咲く「藤の花の植木鉢」にちなんだものです。

 

荷風散人の「断腸亭日乗」から、昭和二十年(1945年)三月九日の有名な一節を紹介します。

 

『天気快晴、夜半空襲あり、翌暁四時わが偏奇館焼亡す、火は初長垂坂中程より起り西北の風にあふられ、忽市兵衛町二丁目表通りに延焼す、余は枕元の窓火光を受けてあかるくなり隣人の叫ぶ声のただならぬに驚き日誌及草稿を入れたる手皮包を提げて庭に出でたり』

 

ということで、日記を書くことのお薦めでした。

 

最近、面白きこともないので、本日は、書くネタもなく、ついつい、つまらない「休日のつぶやき」となりました。

 

では、また、来週。