「ブロードキャスト」

「ブロードキャスト」

湊 かなえ

角川文庫

令和3年1月25日初版

 

f:id:tetu-eng:20210509143353j:plain

大和の国一之宮 大神(おおみわ)神社 先月、大神神社をブラリと訪れたことは、このブログで書きました。もう一度、日本最古の神社の一つです。ご祭神は、大物主命。政(まつり)の神で、大国主命が、大物主命を祀ることにより、葦原の中つ国は、繁栄したとの古事記伝

※葦原の中つ国とは、高天原(天上)と黄泉の国(地下)の間の国。地上のこと。

 

ブロードキャスト(broadcast)動詞で、「放送する」、名詞で、「放送、放送番組」

湊かなえさん、ぼくの好きな作家さんの一人です。ご存知、広島県尾道市因島中庄の出身。武庫川女子大学卒。現在、兵庫県洲本市に在住。ラジオドラマの脚本で賞を取って、作家に、「告白」で本屋大賞を受賞。

 

今週は、余談なしで、「ブロードキャスト」に直球勝負。なぜなら、後半に、読み比べてもらいたい、面白いコーナーを用意したからです。

 

「ブロードキャスト」のあらすじ。主人公は、中学時代に陸上競技にうち込み、全国大会を目指した。高校でも、陸上競技を続けるつもりでいた。が、入学前に、交通事故で足を負傷、陸上競技を続けることが、難しくなった。

 

目標を失って入学した後、脚本家を志望する友人に「イケボ」(いけてるボイス)を買われて、放送部に入部。放送部は、放送ドラマ、ドキュメント、アナウンスなどの部門で全国高校放送コンテストに出場したこともある。

 

ところが、入部してすぐに、友人が書いた脚本の主役に抜擢されて、ラジオドラマに出演することとなった。

 

・・・・という青春小説ですが、ここからは、「ブロードキャスト」を読んでみては。

 

さて、面白いコーナーとは、小説とテレビドラマの脚本とラジオドラマの脚本の違いの・・・サンプル(番外編に収録されています)を紹介します。

 

オレンジジュースを飲んでいる描写・・・

小説では。

『午後三時、おやつ代わりというわけではないけれど、私は店の冷蔵庫からオレンジジュースの丸い小瓶を取り出し、宮本くんに差し出した。彼は汗をかいた瓶に目を遣ったものの、遠慮しているのか、手に取ろうとしない。しゃべり疲れて、喉が渇いているはずなのに。

「冷たいうちにどうぞ」

促すと、いただきます、と宮本くんはつぶやくように言い、瓶を手にしてゆっくりと口に運んだ。少しだけ飲む。想像以上においしかったか、それとも、早く体に水分とビタミンCを送れと脳が指令を出したのか、宮本くんは瓶を置かずに、残りのジュースを一息に口に含むと、ごくりと喉を大きく鳴らして飲み込んだ。鮮やかな太陽を凝縮したオレンジを、丸呑みするかのように。』

 

これをテレビドラマの脚本にすると、

『〇パン屋

  店の時計は午後三時を指している。

  椿、時計に目を遣り、冷蔵庫からオレンジジュースの丸い瓶を取り出す。

  宮本に差し出す。

椿「おやつにどうぞ」

  宮本、遠慮がちに瓶を見る。

  汗をかいている瓶。

  宮本、乾いた唾を飲み込む。

椿「しゃべり疲れたでしょう。冷たいうちに」

宮本「(つぶやくように)いただきます」

  宮本、ゆっくりと瓶を手に取って蓋を開け、一口飲む。

  おいしい、脳に沁みわたる、という表情。瓶を見る。

  太陽を連想させる、濃い色のオレンジジュース。

  宮本、一息で飲み干す。』

 

次に、ラジオドラマの脚本にすると、

『SE カランカランと、ドアが開閉する。

    柱時計が三回、鐘を鳴らす。

    ※SEとは、サウンドエフェクト、音響効果のこと

椿「三時か、おやつの時間ですね」

 SE 冷蔵庫を開閉する。

    木製のカウンターにコトリと小瓶を置く。

椿「うちの名物オレンジジュース、オレンジを丸呑みできそうなかわいい瓶でしょう?飲んでください」

宮本「あ、いや、でも・・・」

椿「中学生のくせに、遠慮しないで。たくさんしゃべった後だから、喉が渇いているでしょう?ほら、瓶も汗かいてる。キンキンに冷えているうちにどうぞ」

宮本「じゃあ・・・、いただきます」

 SE 瓶の蓋を開ける音。

    ゴクリと小さく一口飲む。

宮本「(思わず)うまっ!(つぶやく)なんだこれ。すっごい濃い、夏の太陽の塊みたいだ」

 SE ゴクゴクと飲む音。

宮本「プハー(おいしそうに息を吐く)」』

  

朝ドラの劇中、ラジオドラマ「お父さんはお人好し」(花菱アチャコ、浪花千枝子 昭和29年~昭和40年)の脚本も、こうして仕上がっているのですね。

 

「JR上野駅公園口」

「JR上野駅公園口」

柳(ゆう)美里(みり)

河出文庫

2021年1月20日20刷

  

f:id:tetu-eng:20210502174754j:plain

神戸地方裁判所は、神戸駅湊川神社の近くにあります。赤レンガ造りの建造物の上にガラス張りの近代建造物を継ぎ足した、ちょっと変わった造りです。二週間に一度ぐらい、三宮から歩いて元町商店街をブラブラ、裁判所の前を通過、そして、湊川神社をお詣り、「ふるもと珈琲店」で一休みします。

 

今年のGWも、ステイ・ホームです。と、言いながら、兵庫県内のアウトレットが休業しているので、滋賀県竜王アウトレットに行きました。兵庫県から大阪・京都を通過して、滋賀県まで。駐車場は、県外ナンバーがほとんど。

 

初めて来ましたが、三田より大きいかも?でも、テナントも、多いいかも?4月30日の平日だったことと、兵庫・大阪が緊急事態宣言中だったこと、から、お客さんは、まばらかな?でも、5月に入ったら、どうだろう。

 

アウトレットをブラブラするのは、GWなどの連休中のわが家のレジャーです。

 

今回は、ツヴィリングのハンドブレンダーが、50%OFFだったので、ゲット。このハンドブレンダーは、ミキサーといわゆるブレンダーを合体して、小型化したような優れもの。これで、キッチンの収納に余裕ができました。

 

あとは、大人しくステイ・ホーム。早速、ハンドブレンダーで、スムージやベジタブルスープを作って、楽しみましょう。

 

柳(ゆう)美里(みり)の小説を読むのは、どうも、初めてかもしれません。97年に「家族シネマ」で芥川賞を受賞していますが、うむ、読んだ記憶がない。

 

「JR上野駅公園口」の帯には、全米図書賞受賞!メディアで話題沸騰とありますが、こてこての社会派小説ですね。柳(ゆう)美里(みり)の小説が、すべて、このジャンルなのかどうかは、知りませんが、寝る前に読むには、ちょっと、おもい気がします。

『人生は、最初のページをめくったら、次のページがあって、次々めくっていくうちに、やがて最後のページに辿り着く一冊の本のようなものだと思っていたが、人生は本の中の物語とはまるで違っていた。文字が並び、ページに番号は振ってあっても、筋がない。終わりはあっても、終わらない。』

人生は、筋書きのないドラマとは、よく、言われるが、「終わりはあっても、終わらない」とは、どういう意味だろう?

 

主人公の男は、福島から東京に出稼ぎに出て、盆・暮れにしか、帰郷しない。両親、妻、二人の子供とは、そのときにしか会うことがない。そういう生活を40年間、続けてきた。

 

両親が亡くなり、やがて、還暦を迎え、福島に戻って、ゆっくり、老後の生活と思ったら、ようやく成年した息子が突然死、長年、苦労を共にした妻に先立たれる。孫娘が、同居して、見守ってくれていたが、当然、男は、故郷を捨てて、上野でホームレスとなる。

 

上野では、ときどき、山狩りがある。そのたびに、男は、上野を彷徨う。そして、福島の孫娘が、津波で行方不明となる。男は、JR上野駅を彷徨う。プラットホームが、ゆれている。

 

どうして、なにが、男に故郷を捨てさせたのか?

 

久しぶりの社会派小説だが、ぼくは、娯楽小説、青春小説、ラブコメなど夢がある小説が好き!

「D坂の殺人事件」

「D坂の殺人事件」

江戸川乱歩

創元推理文庫

1996年11月8日14版

 

f:id:tetu-eng:20210425165346j:plain

 

兵庫県姫路護国神社 護国神社は、国家のために殉死した英霊を祀るための神社。おおむね、各都道府県に1社ないし複数社あり、兵庫県は灘に、もう1社、神戸護国神社があります。姫路護国神社は、姫路城の中曲輪内にあり、姫路城は、すぐ近くです。

 

またしても、緊急事態宣言。ぼくのテニススクールは、インドアのため、兵庫県の要請により「多くの人が利用する屋内運動施設」ということで、休業要請に応じることとなりました。昨年に引き続き、宣言期間中は、テニスはお休みです。

 

ぼくがコロナ禍で、我慢していること。昨年から、大学図書館の利用、土曜日の午後の日帰り温泉、おおむね月1~2回の飲み会、宣言期間中のテニスなど。ステイ・ホームでの楽しみを、いろいろチャレンジしましたが、もうそろそろ、飽きてきましたね。

 

とにかく、細君以外のホモサピエンスとのコミュニケーションが、ほぼ、皆無の状態になっています。やはり、人間は、他者との交わりが必要でしょう。このままでは、ボケてしまいそうです。いくら、「本」が友達と言っても、「本」は、リアルに話しかけてはくれませんから・・・!

 

あ~、気心の知れた友人と、バカ話をして、大笑いがしたいね。そう、笑うことが必要なのです。一人で、声を出して笑うことも推奨されていますが、まあ、それも、毎日となると、空しくなってきます。ハァ、ハァ、ハァ~!ハ~~~ァ!

 

ということで、ぼくの友達の「本」の紹介です。

 

なぜ、江戸川乱歩か?先日、ぼくが、読者になっているブログに明智小五郎の紹介がありました。明智小五郎・・・ご存知ですよね。明智小五郎の初登場が、「D坂の殺人事件」なのです。

 

そこで、懐かしくなって、本箱を漁ってみると、ありましたよ。ぼくの本箱には、新刊本は、読むとすぐに、ヤフオクで売ってしまうので、ありませんが、古い本は、売り物にならないので鎮座しているのです。

 

もうちょっと、漁ってみたら、少年倶楽部文庫の「少年探偵団」と「怪人二十面相」もありました。パラフィン紙で包まれた古本ですね。子供の頃に、読んだ記憶はあるのですが、この本は、多分、古本屋で買って、そのままになったものだと思います。そのうち、読んでみようかな。

 

さて、短編推理小説の「D坂の殺人事件」ですが、・・・D坂とは、東京本郷の団子坂と言われています。大正14年頃の小説なので、現在とは、随分と、趣が変わっていたのでしょう。

 

D坂の古本屋さんの内儀が、何者かに殺害されます。その第一発見者が、「私」(小説の中の一人称)と明智小五郎です。そのころ、明智小五郎は、タバコ屋の2階に下宿している、いまでいう、フリーランス

 

現場は、まさに、人の侵入の形跡がなく、いわば密室状態。しかも、争った気配がない。ただし、被害者には、体中に、生傷があった。「私」の推理では、第一発見者の明智が犯人である・・・という、とんでもない勘違い。

『物質的な証拠なんてものは、解釈の仕方でどうにでもなるものですよ。いちばんいい探偵法は、心理的に人の心の奥底を見抜くことです』

さて、この事件の結末は、当時(大正時代)としては、衝撃的な内容だったと思います。ヒントは、「マルキ・ド・サド」です。

「小説王」

「小説王」

早見和真

小学館文庫

2019年3月11日初版

 

f:id:tetu-eng:20210418141600j:plain

 

播磨国総社 射立兵主(いだてひょうず)神社は、姫路城の東側に位置し、歴代の姫路城主の崇敬を受けていた大社らしいです。

 

コロナの勢い、いまだ、衰えず。昨年の今頃、まさか、こんなに長く猛威を振るうこととなるとは思ってもみませんでした。季節性インフルと同じく、夏になれば終息するという専門家だっていたのだから・・・?

 

それが、夏が過ぎ、冬が過ぎ、春になって、もうすぐ、初夏。その間、第1波、第2波、第3波、そして、いま、第4波・・・感染者のピークは、その都度、増加しています。医療は、その都度、崩壊と言っています。

 

イギリスでは、ワクチン接種率が50%(日本は、1%)で、感染者数が、2.5千人/日(最大で、50千人/日超)に減少したとのこと。えっ、それでも、2.5千人。ワクチンって効いているの?そんな疑問もチラホラ?

 

そうは言っても、ぼくら無知・無力な国民は、信ずるしかありません。何を??

 

愚痴を言っても、仕方ないので、バーチャルの世界・・・ノベルのワールドへ。

 

今週は、直球勝負の「小説王」です。

 

早見和真さん、2月に紹介しましたが、復習。神奈川出身で松山に移住して、作家活動をしている注目の作家さんです。

 

小説家が、小説書きの内幕を書くという・・・ちょっと、珍しいモチーフです。もう少し、踏み込むと、出版社の編集者と作家、そして、文芸出版業界の内実が、モチーフになっています。

 

みなさん、小説を書いてみたいと思ったことはありませんか?もしかしたら、自分でも書けるかと、思ったことはありませんか?「そんなことはない」、ほとんどの方が、そう答えるでしょう。

 

その昔、「小説作法」(丹羽文雄)という小説を書くためのバイブルみたいな本ですが・・・読んだことがあります。そのとき、己の才能の無いことに気づきました。そこで、ぼくは、書く人ではなく、もっぱら、読む人を選択しました。

 

『俊太郎は独り言のようにつぶやいた。

「小説王かな・・・、しいて言うと」

長い沈黙のあと、弾けるような笑い声が耳を打った。

「はぁ?なんだよ、それ。バカじゃないの!」

そう叫んで、しばらく笑うだけ笑ったあと、豊隆は吐き捨てるように言い放った。

「言っとくけど小説なんて誰のものでもないからな。書いた人間のものでもないし、ましてや編集者のものでもない。読んでくれる人だけのものだ。小説王って、いったいどんな王様だよ」』

 

俊太郎と豊隆は、幼友達。俊太郎は、三流編集者。豊隆は、アルバイトで生活する売れない作家。

 

小説の印税は、1割。新人作家は、初版が、5千部から1万部。単行本1700円で、重版がなければ、100万円程度。その小説を生み出すのに、1年かかれば、年収は、100万円です。仮に、出版にできたとして・・・。

 

それでも、小説を書く。その思いが爆発する「小説王」です。

ぶらり、姫路の「われ岩」

ぶらり、姫路の「われ岩」

 

f:id:tetu-eng:20210411170221j:plain

姫路に行ってきました。姫路と言えば、そう「姫路城」ですが、今回は、パワースポット破磐(はばん)神社です。境内には、かわいらしいお地蔵さんがありました。

f:id:tetu-eng:20210411170043j:plain

場所は、姫路市のJR姫新線太市駅の近くです。ぼくは、車で行きましたが、西神から約1時間30分。この太市集落は、竹林が多くて、竹の子の産地らしいです。朝どりの竹の子の直売所が、道路沿線にあちらこちらにあります。

 

さて、破磐神社が、どういったパワースポットかと言うと、「その昔、神功皇后新羅遠征の帰途に放った矢の一本が当たった」と言われる「われ岩」がご神体として祀られているのです。

 

神功皇后って誰?

ワンポイント解説:「古事記の中巻」のメインキャストの女傑。第十四代仲哀天皇の皇后。仲哀天皇とともに熊襲(くまそ)討伐に筑紫に出向くが、仲哀天皇が急逝。そのとき、神のお告げで新羅遠征を断行。そのおり、懐妊していた息子が、十五代応神天皇となるが、成人するまで摂政を務めた。

f:id:tetu-eng:20210411170319j:plain

神秘的な竹藪の道を抜けると、目指した「われ岩」です。どうです。何となく、パワーを感じますか?まるで、竈門炭治郎が岩を割る修行をしていた雰囲気です。そう、人気の「鬼滅の刃」のワンシーン。

f:id:tetu-eng:20210411170353j:plain

折角、姫路に来たのだから、姫路名物の「穴子」を食べに行こうと、市街地に進出。姫路駅から大手前通りの正面に見えるのが姫路城。月並みですが、綺麗ですね。

f:id:tetu-eng:20210407124504j:plain

駅前の割烹「柊」で、ランチの「穴子のひつまぶし」。焼き穴子は、脂っ気がないので、ぼくは、ウナギの方がいいかな。

f:id:tetu-eng:20210407132851j:plain

姫路の商店街をブ~ラ・ブラ。さすが、別名が、白鷺城。マンホールの図柄は、どうも、シラサギですね。

f:id:tetu-eng:20210411170547j:plain

姫路城は、遠くで眺めるのがいいね。お殿様が、普段は、ここから城を眺めていたという城見台で休憩。

f:id:tetu-eng:20210411170633j:plain

結局、城には、入らず、そのまま帰宅。お城見物は、次回のお楽しみにします。

「京都一乗寺 美しい書店のある街で」

「京都一乗寺 美しい書店のある街で」

大石直紀

光文社文庫

2020年12月20日初版

 

f:id:tetu-eng:20210404140244j:plain

 

今年は、桜がとくに綺麗に感じるのは、気のせいでしょうか?兵庫県公館の桜が、とても豊かに咲いていました。

 

さて、『酣』・・・この漢字、なんと読むのでしょう。

 

似て非なる『酢(す)』ではありません。酉(さけつくり、とりへん)に甘(い)で、甘酒・・・ではありません。ちなみに、「あまざけ」は、『醴』です。

 

はい、答えは、「たけなわ」と読みます。

 

語源は、諸説ありますが、酒は醸造の過程で甘くなる・・ことが由来とか。または、飲み過ぎると甘く感じるとか。そこから、盛り上がっていることに繋がっているとか。そして、「宴もたけなわですが、」という宴会のお開き前の常套句。

 

漢字の起源は、結構、面白い。そのほか、酤(ひとよざけ)、酲(ふつかよい)、まあ、これらは酒にダイレクトに関係していますね。

 

コロナまん延防止措置で、営業時間の短縮要請・・・21時から20時に前倒し。この1時間は、大きな意味があると思います。懇親会の一次会が、お開きになるのが、おおむね、21時・・・「宴もたけなわですが、」で三本締めです。

 

20時だと、「宴がたけなわにならない、」ので宴そのものの開催に至らない・・・ということ。あ~、もう、随分と長い間、「宴もたけなわ」の機会がありません。20歳以降の人生で、こんな空白って、初めてかも。

 

余談は、このぐらいにして、京都一乗寺って、ご存知ですか?

 

叡山鉄道の始発駅出町柳駅から5分で一乗寺駅。(あっ、兵庫県にも加西に天台宗の法華山一乗寺がありますが、今回の紹介は、京都一乗寺。)おっと、お寺の案内をするのではありません。この一乗寺駅の付近、一乗寺商店街にある「恵文社」という書店のお話です。

 

いやいや、書店のお話ではなく、「京都一乗寺 美しい書店のある街で」という小説の紹介でした。もう、お判りでしょう。美しい書店・・・これが、「恵文社」。街が、京都一乗寺です。

 

この京都一乗寺という街を舞台にした短編ミステリーが、4編。それぞれ、「恵文社」という書店の趣が、ミステリーに華を添えています。小説の内容よりも、「恵文社」に興味をそそられてしまいました。こんな小説はありですか。ありでしょう。この小説は、京都を舞台にした「いわゆる京都本」ですから。

 

『レンガの壁、緑色のドア、植木鉢とアンティーク調のベンチ、大きな窓と、そこを通して見える店内の丸い照明。店の外観は、頭に浮かぶものとまるで同じだった。外国の街角のようだと思ったのは、その外観そのものが、ヨーロッパのどこかの町を連想させるからだろう。』

恵文社一乗寺店は、2010年に、イギリスのガーディアン紙が選ぶ「世界で一番美しい十の書店」に名を連ねたこともある。本好きには有名な書店、』

京都一乗寺は、この書店だけではなく、当然、有名な古刹などがあります。狸谷不動院詩仙堂一乗寺下がり松(宮本武蔵と吉岡一門の決闘)、そして、京都でも有名なラーメン激戦区などなど。

 

なお、一乗寺というお寺は、現存していません。ミステリー?

 

コロナが落ち着いたら、是非、京都一乗寺の調査に行きたいですね。乞うご期待。

「九度目の十八歳を迎えた君と」

「九度目の十八歳を迎えた君と」

朝倉秋成

創元推理文庫

2020年11月20日初版

 

f:id:tetu-eng:20210328145228j:plain

近頃(ぼくにとって、・・・)、「顔出ししないアーティスト」がバズっているらしい(使い慣れない言葉を無理して・・・)。どういうことか・・・と言うと。正直、ぼくは、正確に理解はできていないかもしれませんが・・・。

 

むかしも、「ZARD」は、そうだったと思います。いまでも、ぼくの好きなアーティストなので、アルバムをCDカセットで聴いています(どんだけ、古い人間)。ちなみに、「aiwa」のテープ、CD、MDのスリーウェイカセット・・・って、博物館もの??

 

話を戻しますが、「ポケットからきゅんです」(ひらめ)、「ぎゅっと」(もさを)など、らしいです。ぼくは、この2曲をYouTubeで聴いてから、やや、はまり気味です。(もさを)は、ほんわかバックアートとほんわかソングが癒し系ですね。

 

とにかく、再生回数がすごい。(ひらめ)は、三百万回、(もさを)は、なんと二千二百万回・・・どんだけ!そうそう、「うっせぇわ」(Ado)は、1億回超。「正しさと愚かさとはそれがなにか見せつけてやる」・・・なんじゃ??とにかく、もう、CDなどの媒体で発信する時代ではないらしいです。

 

(ひらめ)さんが、あるテレビ番組に顔モザイクで出演していましたが、普段は、ケーキ屋さんで働いているそうです。夢は、ケーキ屋さんになることらしいです。

 

まあ、一度、YouTubeで聴いてみてください。「きみのドルチェ&ガッバーナの その香水のせいだよ」から、時代は、どんどん進んでいます。「歌は世につれ、世は歌につれ」。年寄りだからって、乗り遅れないように!(えっ、今頃、何、言ってるの?もう、1周遅れかも。)

 

余談が、長くなりました。いつものことですが。

 

創元推理文庫の小説を読むのは、ずいぶん、お久しぶりです。推理小説が嫌いと言うわけではありません。創元推理文庫は、海外ミステリーは定評があります。ぼくは、海外ミステリーは、あまり読まないので、ついつい、ご無沙汰しています。

 

さて、高校時代に好きな子が、8年後に、同じ高校生だったら、あなたは、どうしますか?

『似ている。という言葉を使う気になれなかったのは、彼女が本人であるとしか思えなかったからだ。記憶の経年劣化で少しずつ不鮮明になっていた彼女のイメージが、瞬く間に修正されていくのがわかった。これだ、これが本物じゃないか。俺の目はすっかり向かいのプラットホームに釘付けになった。』

もうすぐ30歳になる印刷会社の営業マンの俺は、二和美咲の姿に驚いた。そして、なぜ、彼女が、まだ、十八歳なのか?そして、なぜ、彼女が、十八歳でいられるのか?なぜ、自分だけが、彼女の不思議に気づいているのか?

 

俺は、高校時代の友人、恩師を訪ねて、その謎をときほぐす。といっても、読者が、驚くような奇想天外な結論ではない(あっ、言っちゃた!)。この小説、ミステリーというよりは、ほろ苦い、青春空回りの青春不思議小説。

 

教頭のキャラクターが愉快。こんな教頭が、高校時代にいたら、高校生活、もっと、面白かったかも。そんな教頭の一言。

『もがく子供には存分にもがいてもらった方がいい。もがく環境を整えてやるのが大人の仕事よ。結局、誰も年齢には勝てんのだから。』

ぼくは、もがく子供ではなかったかも?もっと、もがけばよかったのに。いや、今からでも遅くはない(It’s never too late.)。古希からが、もがく青春。