「新版 百人一首」

「新版 百人一首

島津忠夫=訳注

角川ソフィア文庫

令和元年12月10日新版28刷発行

(昭和44年12月10日初版発行)

f:id:tetu-eng:20211024161821j:plain

サンキタ通 「サンキタ通」とは、神戸阪急三宮駅の北側のアーケード街です。サラーリーマンの頃は、金曜日の夜になると、ウロウロしていました。この手前に、パイ山公園(おっぱい公園)がありましたが、いまはリニュアルされて、新たな、三宮の名所になろうとしています。

 

今週も、太山寺塔頭「龍象院」のイベントがありました。龍象院住職の「声明独演会」です。

f:id:tetu-eng:20211022180907j:plain

「声明」ってなに?仏典に抑揚をつけた仏教声楽をいうらしい。ぼくも、詳しいことは、知りませんが、以前、須磨寺で、多くの僧侶が合唱していたのを聞いたことがあります。もちろん、楽器を使わず、アカペラです。

 

満月の日。お天気は良いのですが、10月には珍しい冷え込み。龍象院の廊下のガラス戸をすべて外して、お庭をライトアップして、雰囲気は抜群。

f:id:tetu-eng:20211024162015j:plain

18時開演。招待客は、座敷からお庭に向かって、座り、その奥のご本尊の前で、住職の声明の独演がスタート。幽玄の世界。

 

18時30分ごろから、冷え込みがきつくなりましたが、冷えた空気に住職の声明が響きます。

 

ラストは、全員で般若心経の大合唱。19時終演。

 

帰途、天上には、満月が・・・。車のエンジンをかけると、外気温12℃。

 

最近、読書のスピードが、落ちてきています。一日に50ページも読めば、飽きてきてしまいます。うむ、もう歳かな。本を読むのも体力勝負です。そもそも、そんなに本が好きじゃないのかもしれません。

 

じゃ、なんで、本を読んでいるのか?ボケ防止のために、無理して読んでいるのかも。むかしは、本を読みながら、本のなかに埋没して、そのシチュエーションを、ぼくは、天空から眺めている・・・そういった自分を愉しんでいたような気がします。

 

翻って考えると、ひょっとしたら、面白い本がなくなったのかも。とにかく、時間を忘れて読んでいるということがなくなりました。要するに、読書のマンネリ化とでもいうのでしょうか?ただし、本を買うことは好きなんですよね。そのため、本箱には、未読の本が溜まって、順番待ち状態です。

 

そんなときほ、「百人一首」・・・で、気分転換。百人一首は、みなさん、ご存知だと思いますが、全部、読んだことがありますか?残念ながら、ぼくは、有名どころは知っていますが、全部、読んだことがありません。

 

鎌倉時代初期(1200年初頭)に藤原定家が百人の歌人から選歌したものと言われています。とすると、800年、読み継がれたものですから、今はやりの小説とは、次元が違います。

 

夏目漱石でさえ、800年間、読み継がれるかどうか?そういった読み物は、絶対、面白いに違いない・・・ということで、百首目から読み始めました。

 

『百敷や ふるき軒端の しのぶにも なをあまりある むかし成りけり 順徳院』

 

一首目から読むと、最後まで、たどり着けないかもしれないので・・・・。

休日のつぶやき、「ワニのくち」

休日のつぶやき、「ワニのくち」

 

f:id:tetu-eng:20211017142327j:plain

明石城巽(たつみ)櫓 明石城の続き・・・お城が、近づいてきました。これから、城内への道を上っていきますが、お城って、敵兵の侵入を防ぐために、導線が複雑です。昔の人は、ほんと、いろいろ考えています。

 

雑談その一 神戸市で唯一の建造物の国宝「太山寺」の掃除に行ってきました。いつもは、開帳していない「阿弥陀堂」の掃除を担当。2年ぶりに重要文化財阿弥陀如来」を拝観できました。

f:id:tetu-eng:20211016135159j:plain


雑談その二 そのあと、プレンティに夕食の買い物に出かけたら、プレンティ広場に人だかり。スーツ姿のSPらしき人もチラホラ。誰が来るのと聞いたら・・・菅前総理の演説とのこと。


えっ、菅前総理って、こんなに喋るの。政治家だから、当たり前かもしれませんが、なんだか、スッキリしちゃって、冗談交じりに、ワクチン一本打法にかけた思いを語っていました。はい、ご苦労様でした。

f:id:tetu-eng:20211016163840j:plain


さて、本題、「ワニのくち」とは、なんでしょう。


今月号の文藝春秋のページを開いて、ビックリ。タイトルは、「財務次官、モノ申す。「このままでは国家財政は破綻する」」。目を疑いましたが、まさしく、投稿者は、財務事務次官矢野康治さんです。


長い間、「文藝春秋」を購読していますが、現職の事務次官の投稿記事を読んだのは、「うむ」・・・記憶にありません。

『最近のバラマキ論争のような政策論を聞いていて、やむにやまれぬ大和魂か、もうじっと黙っているわけにはいかない。ここで言うべきことを言わねば卑怯でさえあると思います。

 数十兆円もの大規模な経済対策が謳われ、一方では、財政収支黒字化の凍結が訴えられ、さらには消費税率の引き下げまでが提案されている。まるで国庫には、無尽蔵にお金があるかのような話ばかりが聞こえてきます。』

 

かなり、厳しい論調で、投稿記事がはじまります。ここまで読んで、僕は、拍手喝さい。そうだそうだ。与党も野党も、どうかしているぜ。むかし、子供が、お金がなければ銀行に行けばいいじゃん!と言ったことがある。

 

高市政調会長は、「日本の借金は、円建てだからデフォルトはない。」と言ったそうだが、政治家は、お金があれば日本銀行に行けばいいじゃんと、本気で思っているのでは?

 

この投稿で、「ワニのくち」という表現があるが、これは、「一般会計税収、歳出総額及び公債発行額の推移」の表をみると、借金で穴埋め(ワニのくち)をしていることは明白。「ワニのくち」はどんどん広がって、顎が外れそうになっている。

 

『バラマキ合戦は、これまで往々にして選挙のたびに繰り広げられてきました。でも、国民は本当にバラマキを求めているのでしょうか。日本人は決してそんない愚かではないと私は思います。』

 

そうだそうだ。あるテレビ番組のアンケート。「あなたは、高校生以下の子供への一律給付金は必要だと思いますか?」回答者約8000人、不要60%、必要30%、不明10%。多くの意見は、財源の手当てがなく、将来、子供たちへの負の遺産になるとのこと。

 

さて、皆さんは、どう思いますか?

 

「ハレルヤ」

「ハレルヤ」

重松清

新潮文庫

令和3年7月1日発行

 

f:id:tetu-eng:20211010144502j:plain

明石城全景 30年ぶりに明石城城内を散策。子供が、幼稚園に入る前だったと思いますが、何度か、明石城公園に来て、遊ばせていました。明石城は、天守台はありますが、そもそも、天守閣はなかったそうです。JR明石駅のホームから、坤(ひつじさる)櫓と巽(たつみ)櫓を、横一直線に見ることができます。

 

秋が遠い。もう、お彼岸が過ぎて、10月初旬というのに、日中は気温30℃°程度です。さすがに、日照時間が短くなったので、朝夕は、20℃程度で、扇風機の出番は風呂上りぐらいです。

 

これも、地球温暖化の影響かと思ったが、日記を読み返してみると、昨年のこの時期、秋雨前線、台風のため、雨の日が多く、気温も低くて、寒かったようです。自然は、人知の及ぶところではなく、千年、万年の単位で変化しているのでしょう。

 

人生100年足らずで、やれ、どうのこうのと言っても、詮無いことかもしれません。

 

漸く、コロナさんが、落ち着いてきたのですが、まだ、夜の会のお誘いがないということは、もう、忘れられたのか?まだ、用心をしているのか?いずれにしても、残り少ない人生、気儘に生きたいものです。

 

そこで、「ハレルヤ」・・・ってどういう意味?ヘブライ語で神への祈りの言葉らしいです。旧約聖書由来らしいです。キリスト教の「アーメン」、仏教の「南無阿弥陀仏」みたいなものですかね。

 

話は飛びますが、「南無阿弥陀仏」とは、どういう意味か?「阿弥陀仏」って、誰?難しいいので深追いしませんが、お釈迦様ではなく、悟りを開いた仏様らしいです。??。「南無」とは、全身全霊で帰依しますという意味らしいです。

 

話を元に戻して、重松清さんの小説は、久しぶりです。以前、ハマっていましたが、どうしても、飽きてきますよね。池井戸潤も、東野圭吾も、新刊のたびに、読んでいましたが、やはり、飽きちゃうのです。ごめんなさい。でも、ときどき、リターンしています。

 

そうすると、フレッシュなフィーリングで楽しめます。

 

「ハレルヤ」も、重松ワールドを愉しむことができました。

 

2009年5月2日、キヨシローが亡くなった。

 

レイ・チャールズを聴き、サム・クックを聴き、マディ・ウォーターズを聴き、ウイルソン・ピケットを聴き、サム&デイヴを聴き、アイク&ティナ・ターナーを聴いて、もちろんオーティス・レディングを聴いた。

聴くだけではなく、自分でも吹いてみた。』

 

洋楽に、まったく、門外漢のぼくは、いったい、誰のことなのか?サッパリと、分かりませんが、この小説は、この流れです。

 

「ショットガン・ブルース」彼らの5人のバンドの名前。アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックス、トロンボーンにトランペット。

 

その5人も、みんな46歳。それぞれの人生を歩んでいる。

 

キッカケは、あのキヨシローが遠くに旅立った。

 

伝説の男の啓示に導かれ、五人が再会する。

 

「いま、幸せですか。」・・・でも、幸せって、なに?

 

「ハレルヤ!」 キヨシローが空の上でシャウトする。

休日のつぶやき、小さくなった墨の活用法は?

休日のつぶやき、小さくなった墨の活用法は?

f:id:tetu-eng:20211003173511j:plain

篠山建築事務所 丹波篠山の河原町に行く途中に、シンプルな西洋風の建物があったので、車を止めて見に行ったら、一級建築士建築事務所でした。古い建築物のリノベーションかも。

 

小さくなった墨の活用法は?

 

ぼくが、無所属になってから「お習字」を始めたのはブログに書いていたので、ご承知のとおりです。早いもので、始めてから、ちょうど2年が過ぎました。

 

すぐに飽きるかと思ったら、いやいや、今も続いています。週に、2~3日は半日、墨を磨って、気持ちを落ち着かせて、半紙に六文字の楷書、行書、草書と、実用書と、かな文字、そして、条幅の練習をしています。

 

さて、ここで問題となったのが、墨が小さくなって「最後まで磨り切れない」ということです。安い墨ですが、年金生活者に無駄は禁物。なんとか、墨を最後まで磨り切りたい。

 

ちなみに、ぼくが、使っているのは、十丁墨の「蓬莱山」。長さ、約20cmと、大きな墨です。

f:id:tetu-eng:20210920140544j:plain

調べました、困ったときの「YouTube」。ありました。なんと、小さくなった墨と墨をくっつけちゃうという方法です。そもそも、墨には、「にかわ」が入っているので、それが、接着剤の役割をするらしいです。

 

その前作業として、①つなぎ合わせる墨の接着面を平らにきれいに研磨すること ②接着面につける墨をどろどろになるまで磨ること このふたつです。

f:id:tetu-eng:20210920140415j:plain

作業しました。そして、何度も、テストを繰り返し。何とか、二つを接着させて、あとは、しっかり乾かすだけ。

f:id:tetu-eng:20210920144337j:plain

翌日、見事、二つの墨は、くっつきました。いや、くっついたように見えました。

f:id:tetu-eng:20210924085932j:plain

が、5往復ぐらい、磨ったところで、あえなく、二つに分かれてしまいました。前作業が、完全ではなかったかも。いろいろ考えた末、もう少し、墨が小さくなって、再度、チャレンジすることとしました。

f:id:tetu-eng:20210924090512j:plain

それまでは、旧態依然とした「竹ばさみ」を活用。

f:id:tetu-eng:20210924090840j:plain

結局、こうなることは、うすうす予想はしていましたが。

「ののはな通信」

「ののはな通信」

三浦しをん

角川文庫

令和3年6月25日初版

 

f:id:tetu-eng:20210926141118j:plain

丹波篠山河原町妻入商家群 雰囲気のよい蔵造りなどの建築物の通りが続いていますが、残念ながら、閉じている店がほとんどです。面白いのは、篠山城下町ホテル「NIPPONIA」。歴史的建造物をリノベーションした分散型ホテル。流行の古民家ホテルですね。

 

ショック!

 

金曜日の夕方のことです。突然・・・・予告もなしに・・・・冷蔵庫の氷が溶けていました。うむ、何だか、冷蔵庫の中が、冷たくない。えっ、冷凍庫も・・・・。冷凍食品が自然解凍・・・・?What・・・・???

 

どうも、冷蔵庫が壊れたみたい。

 

2014年製・・・言いたくないが日立製。予告も、前兆もなし。ドアのディスプレイは表示されているので、通電はしているようだが、かすかなモーター音も聞こえない。日立のモーターが、7年で。まあ、機械ものは、当たりはずれは世の常ですが。

 

エディオンの長期補修期間内なので、補修を依頼してみるが、部品の取り寄せなど、数日かかる見込み。なお、それで、復旧するかどうかは、まったく、分からないとのこと。

 

ここで、思ったこと。現代のぼくたちの生活が、どれだけ、冷蔵庫に依存しているかということ。洗濯機は、コインランドリーがあるし、クーラーは、各部屋にあるので、とりあえず、凌げますが、冷蔵庫は、三食を食べるための必需品。

 

あれこれ考えて、2~3日の不自由が我慢できない「堪え性なしの」ぼくは、買い替えを決断しました。

 

いや、もう、2~3日の冷蔵庫の無い生活は、考えられないのが現代人なのです。

 

事件があったため、余談が長くなりました。三浦しをんさんの「ののはな通信」。全編、野々原茜と牧田はなの「手紙のやりとりの内容」、「メールのやりとりの内容」です。いわば、架空の二人の書簡集です。

 

このスタイルの小説は、初めてですが、三浦さんのチャレンジとしては、面白い。しかも、文庫本500ページの大作でありながら、読者を飽きさせない。

 

「のの」と「はな」の手紙の交換は、聖フランチェスコ高校(女子高)の二年生から始まり、同級生二人の文通は、やがて、同性の恋愛に発展していきます。女子高校での同性恋愛は、テレビドラマなどでも、ありがちなストリー。

 

「のの」は、成績の良い貧乏な家庭、「はな」は、ちょっと、ぼんやりしているが外交官の家庭。環境の異なる二人の恋愛は、「のの」のちょっとした裏切りによって終わる。

 

それから、数年、「のの」は、東大に通う大学生、「はな」も、女子大(たぶん、エスカレータ―)に通う大学生。再び、二人の文通が始まる。しかし、そのうち、「はな」の外交官との結婚話で、疎遠となります。

 

再び、数年後、「のの」は、フリーランスの雑誌のライター。「はな」は、ゾンダという国(紛争国)の大使夫人。またまた、二人の文通はエアメールで再開されます。そして、ゾンダは、内戦状態に突入しますが、さて、「はな」の運命は、如何。

 

というわけで、女子高生同士の恋愛、女子高校の様々な事情、大学生となった主人公たちの学生生活、雑誌ライターの社会へのアプローチ、そして、極めつけは、いまのアフガニスタン情勢を彷彿させる内戦国の事情・・・とにかく、てんこ盛りのモチーフに、読者は、やや疲れ気味。

 

でも、面白かった。

 

 

ぶらり、丹波篠山

ぶらり、丹波篠山

f:id:tetu-eng:20210919162358j:plain

蔵造り 丹波篠山河原町妻入商家群の一画、蔵造りの家。

 

今週は、こんなところに、こんな場所が、知らなかった。を、発見した2か所、紹介します。目的外の収穫でした。

 

細君とランチに出かけるとき、その日の行楽のプランニングは、ぼくの役目です。そこで、今回、篠山付近のピザの名店をチョイス。併せて、「王地山まけらい稲荷」への参拝を計画しました。

 

ここで、余談ですが、正確には、「丹波篠山市」です。2019年に市名を「篠山市」から「丹波篠山市」に変更しています。お隣に「丹波市」があるので、ややこしいのですが、古い地図では、まだ、篠山市の表記のものがあるので、お間違えの無いように。

 

さて、朝10頃、ナビに目的地をセットして出発進行。まず、目的地は、丹波篠山のピザの名店「クワモンペ(Kuwa Monpe)」。以前は、篠山に行くには、舞鶴自動車道を利用していましたが、今回は、有料道路は利用しません。

 

時間はたくさんあるので、有料料金が無駄。グーグルマップで検索すると、時間は20分程度しか差がない。そして、何と言っても、現道を利用すると、目的地までに新たな発見があります。

 

11時半ごろ、現着。まだ、お昼前だったので、すんなり、入店。早速、ランチセットを注文しました。定番のマルガリータ。固くなく、モチモチして、年寄りには食べやすい。唐辛子を漬け込んだオリーブオイルがイイね。

f:id:tetu-eng:20210919162523j:plain

f:id:tetu-eng:20210919162548j:plain

食事を済ませて散策すると、すぐそばにメルヘンチックなお家を発見。なんだろう?アンデルセンの童話の世界みたいです。帰る頃には、もう、入店まちのお客様が並んでいました。

f:id:tetu-eng:20210916123025j:plain

さて、次は、「王地山まけらい稲荷」です。これも、ナビにセットして、向かいますが、その途中で、河原町交差点から、保存された古い町並みが続きました。これが、第一の発見。ですが、まず、「王地山まけらい稲荷」。

 

お稲荷さんなので、赤い鳥居が参詣路につづきます。王地山の裾が散策路になっていて、autumn season は、イイ感じだと思います、って、もう、心は、第一発見地に移っていました。

f:id:tetu-eng:20210916131246j:plain

篠山城址には、何度も来ていますが、いつも、お城の北側しか見ていませんでした。お城まつりもそちらでした。ところが、南側にも、「丹波篠山川原町妻入商家群」という倉敷の美観地区に似た街並みがあったのです。

f:id:tetu-eng:20210919162800j:plain

ただし、今は、コロナの影響で、ほとんどお客様はいませんでした。お店も、ほとんど閉店中でした。残念!でも、いい雰囲気の街並みでした。

 

さて、第二の発見は?帰路に見つけました。「陶の郷」の交差点?なんだろうと、直進すべきところを左折。さあ、そこから、なんと、道沿いに、丹波焼の窯元が、おおむね50軒、数キロにわたって点在しています。登り窯から火焔があがっているところも。

 

わが家から、車で1時間の場所に、こんな地区があったとは、驚き!そして、兵庫陶芸美術館丹波伝統工芸公園などの施設もあり、各窯元での陶芸体験もあるらしいです。

 

いいとこ、見つけました。

 

もう、心は、来月、陶芸体験だ。

 

「病気のご利益」

「病気のご利益」

横尾忠則

2020年2月10日第1刷

ポプラ新書

f:id:tetu-eng:20210912134704j:plain

明石の船具店 「歴史散歩の会」で明石の街を散歩しました。そのとき、三角屋根の営業していない船具店が、おしゃれな雰囲気だったので、スケッチしました。明石は、先の戦争で、街の80%以上が焼失したそうです。そのため、古い建造物が、ほとんどなく、寺町のお寺も、戦後、再建されたものらしいです。

 

「歴史散歩の会」って何?と思っているでしょうから、ちょっと、ご紹介します。と言うほど、大したものではないのですが、以前、ブログでも書いたのですが、ぼくが所属している「須磨オヤジ倶楽部」の一つの活動です。

 

神戸市近辺の歴史的な史跡を散歩しながら廻るという会です。会をコーデしていただいている方が、なかなか博識で、「へぇ~、へぇ~」の連発です。神戸に住んで30年以上になりますが、まあ、知らないことばかりです。

 

なんせ、入学した小学校は下関で、下関市の地理と歴史、卒業した小学校は福岡(博多)で、福岡県の地理と歴史を学びましたが、神戸市の地理と歴史は、勉強していないですからね。

 

月1回の開催。会員は、10人程度、平均年齢たぶん70歳超。ライングループで連携しています。来月は、明石城内の散歩の予定です。

 

ということで、余談のあとの横尾忠則さんのエッセー?「病気のご利益」です。

 

横尾忠則さんは、御年85歳。西脇の出身で、美術家として60年代から第一戦で活躍されています。いまも、東京都現代美術館で大規模個展を開催中。

 

また、Twitterで「WITH CORONA」シリーズとして、人物像にマスクをつけて発信しています。ぼくも、フォローしています。

 

とにかく、ぼくの印象としては、破天荒な美術家。まあ、芸術家は、多かれ少なかれ破天荒かな?ぼくのような凡人には、思いもつかない考え方をしますが、なんとなく、うなずけるのが面白い。

『ぼくにとって病気は大きなテーマである。テーマと言いても絵の主題ではない。生きていることと常につき合っているのが病気である。』

 

この御仁、とにかく、病気のオンパレード。ちょっと、横尾忠則・病気関連年表をみると、もともと未熟児で、子供のころから腹巻が離せなかったらしい。20代、指骨折。30代、ムチ打ち、両足の血行不良で入院、不眠症。40代、肋骨骨折、気管支炎で入院。50代、過労で入院、過換気症候群で入院。60代、顔面神経系麻痺で入院、帯状疱疹で入院。70代、山菜アレルギーで入院、前立せん肥大、食道裂孔ヘルニア、などなどで入院。80代になると、もう、多すぎます。

 

とにかく、すさまじい入院歴です。病室をアトリエにしていたこともあるとのこと。

 

『ぼくの作品がマルチプルであるように、ぼくはやはり多病息災型の人間である。日替わりの多病息災型である。次に何が出るか全くわからない。そんなわけで病気は嫌だけれど。同時にどちらかというと実は好きなタイプかもしれない。』

 

横尾さん、貝原益軒の「養生訓」が座右の書とのこと。ぼくも、早速、中公文庫の「養生訓」を買って、本箱に置いています。ぼくって、ほんとに、感化されやすい性格です。