「マチネの終わりに」

「マチネの終わりに」
平野啓一郎
文春文庫
2019年6月25日第2刷

f:id:tetu-eng:20190818160404j:plain

「とんでもない暑さ」が続いたと思ったら、「とんでもない台風」がやってきた。台風10号。昨年の台風21号と比べると、雨は降ったがが、風は左程ではなく、一安心でした。ただし、西日本は、交通網が混乱。JR西日本は、早々に「計画運休」を発表しました。山陽新幹線だけではなく、在来線の特急なども軒並み運休。さらには、在来線も一部運休。おかげで、社員が通勤できなくなりデパートなども休業。

飛行機は、以前から、早々に欠航を発表していたのですが、鉄道は、土砂が線路に流入するなどの災害が発生するまで運行していました。そのため、災害が発生したときは、駅間に列車が停車することにより、乗客の閉じ込めなどにより、健康被害が発生していたらしいです。このことが、徐々に問題視されて、防災の観点からも「計画運休」に踏み切ったらしいです。

このことは、マスコミも、おおむな好意的に捉えています。しかし、そのうち、「オオカミと少年」的なことを言いだす識者が、きっと、現れるでしょう。しかし、そのときに、「人名は地球よりも重い」という言葉を思い出して、ポピュリズム思考の強い脆弱なマスコミが、キチンと論陣を張ることが肝要です。

毎日が日曜日になって、昼間の情報番組が、こんなに沢山あるとは知りませんでした。昔は、昼メロだったのですが・・・(いつのことか)。この情報番組が世論の形成に大きな役割を持っているように感じます。この情報番組のコメンテーターなる人たちが、いかに常識的な(常識は人それぞれですが)コメントをするか。この人選は、番組プロデューサーの力量でしょうか。

話はそれましたが、鉄道の「計画運休」の是非は、頻度が増えると、たぶん、これから議論を呼ぶでしょうが、・・・毎日が日曜日の輩には、関係ないかもしれませんが、ぼくは、間違いなく「Goodな取り組み」だと思っています。

余談が長くなりましたが、平野啓一郎さんの小説は、「日蝕」(芥川賞受賞作)以来だと思います。「マチネ」って、どういう意味?「マチネ」とは、フランス語で午前のこと、対義語として、「ソワレ」が、夕方のこと、らしいです。とくに、舞台興行の用語として、昼公演を「マチネ」、夜公演を「ソワレ」というらしいです。ゆえに、「マチネの終わり」とは、「昼公演の終わり」ということになります。

『蒔野はそして、一呼吸置いてから、最後に視線を一階席の奥へと向けて、こう言った。「それでは、今日のこのマチネの終わりに、みなさんのためにもう一曲、特別な曲を演奏します。(And now, at the end of the matinee, I will play one more melody --- a very special melody --- for you.)」
洋子は、その時になって、微かに笑みを湛えていた頬を震わせ、息を呑んだ。蒔野がこちらを見ていた。そして、「みなさんのために for you」という言葉を、本当は、ただ「あなたのために for you」と言っているのだと伝えようとするかのように、微かに顎を引き、椅子に座った。』


天才クラッシク・ギタリストの蒔野と国際ジャーナリストの恋愛物語。三度しか逢ったことがないのに、二人は、深く愛するようになるが、四度目の約束の行き違いで、お互い別々の人生を歩むことになった。その愛の結末が、「マチネの終わり」の「one more melody」

ベタベタの恋愛小説ではなく、クラッシク・ギターの世界とアラブ問題などの国際情勢という異次元の世界が、二人の恋愛のバックグラウンドとして絶妙に交差する記憶に残る小説でした。

「お盆のお休み」のつぶやき

「お盆のお休み」のつぶやき

f:id:tetu-eng:20190811180314j:plain

ぼくは、「お盆のお休み」という概念は、もう、ありません。毎日が、お休みですから・・・。息子が、「お盆のお休み」で帰ってきました。まだ、独り者なので、お気楽なものです。年末年始以来かな?いや、GWにも、帰ってきたかな。いやいや、そういえば、先月、出張の途中ということで、連絡があり、三宮でお昼を一緒に食べて、そのあと、伊丹空港まで見送りました。

そのとき、営業マンの彼は、東京から大阪にきて、そのあと、新潟に行くとのことでした。今回も、休み明けに、そのまま、富山に行くとのことです。とにかく、新幹線、飛行機、レンタカーでの出張旅行の連続のようです。おかげで、あちらこちらのソウルフードの食べ歩きで、おもしろグルメ話をしてくれます。

彼が帰ってくると、細君はご機嫌、相棒の老犬も、若返ったように彼に甘えます。日頃は、ぼくの世話になっているのに・・・。そして、定番となっているのは、三田のアウトレットで、彼の営業用のスーツと靴をプレゼントすることです。アウトレットをブラブラしながら、ウィンドウショッピングは、楽しいものです。ついつい、30%OFFや、50%OFFの看板につられて、「これ安いね!」と、買い物をしてしまうのは、人情です。

今日は、そのあと、大阪に繰り出そうかと思いましたが、あまりの暑さで、息切れして、三宮に変更しました。彼は、友達との待ち合わせがあるとのことで、三宮でバイバイ。なんだか、体よく、三宮まで車で送ったみたいなものです。仕方がないので、老夫婦で、三宮をブラブラ。さすがに、世の中、「お盆のお休み」。この暑さにもかかわらず、結構な人出でした。

結局、三田のアウトレットと三宮をブラブラした「お盆のお休み」の入りでした。

 

水撒き奮闘の記

水撒き奮闘の記

f:id:tetu-eng:20190804165151j:plain

連日の猛暑のなか、先週の予告どおり、シルバー人材センターの斡旋業務、某マンションの植栽への散水が始まりました。ぼくは、火曜日と金曜日が担当。朝、9時から12時までの3時間です。

8時半、作業服に着替えて、自転車に乗って颯爽と現場に向かいます。まだ、風が心地よく感じます。とくに、大きな公園を横切るときは、公園の森からひんやりとした空気が流れてきます。でも、そんな感じはこのときだけ。

現場に到着したら、管理人さんにご挨拶。早速、長靴に履き替え、麦わら帽子をかぶり、手袋をして(この手袋が意外と作業を楽にした)、作業開始準備OK。

散水栓が10か所ぐらいありますが、効率的に散水するには、どうすればいいか?昨夜に作戦は立案済みです。散水栓の近くにホースは5セットぐらいあるのですが、その都度、引き出したり、巻いたりするのは面倒だと考えて、一つのホースを使うことにしました。

ホースの長さは約30メートル以上あったので、直径約60メートルのエリアの散水が可能という計算。実は、このホースを扱うのに、素手だと大変・・・先ほどの手袋が必須アイテムです。まず、ホース扱いが滑らないのでスムーズ。ウクレレを弾く指を保護してくれる。これは、カインズで買っておいてよかった。

f:id:tetu-eng:20190803173154j:plain

最初の散水栓にホースを装着して、水の出し方を調整。ちょうどよい具合に調整して、いよいよ散水です。散水は、植栽の上からシャワーのように放水するのではなく、ジェット水で植栽の根元に水が流れ出すまでかけます。水が流れ出せば、まわりの植栽にも給水できると考えたのですが(それでいいかどうかは・・・専門家ではないので知りません)??まあ、とりあえず、そんなやり方です。

そんなこんなで、ひたすら散水していると、時間は思いのほか、早く過ぎていきます。散水エリアの時間配分は、これも計画どおり。おおむね、15分ごとに、一か所の散水栓でエリア限界になると、ホースを腕に巻き取って、つぎの散水栓に移動。同様のやり方で、ひたすら散水。30分もすれば汗びっしょりになります。そりゃ、午前中とはいえ、この暑さですから。

もちろん、熱中症対策として30分から40分おきに給水。途中、1回ほど塩分チャージタブレッツで塩分、カリウムクエン酸の補給。作業で気をつけなければならないこと。ホースが暴れて、とんでもないところに水が飛ばないようにすること。駐車している車に泥が跳ねないようにすること。すれ違う住民には挨拶すること(みなさん、ご苦労様と声をかけてくれます・・・ありがたい)。

そんなこんなで、作業を続けて、11時45分ごろには、散水を終了。ホースを巻き取って、お片づけをします。そのころには、さすがに、足元がふらつく感じ。こりゃ、ハーフマラソンを走ったようなイメージです(走ったことはないけど)。

管理人さんに作業終了の報告。長靴、麦わら、手袋も片づけて、自転車に乗って意気揚々と引き上げます。家に帰って、お風呂に入り、お昼を食べて、クーラーのきいたリビングのソファにバタンキュウ!感想:スポーツクラブで汗を流す、ホットヨガで汗を流す・・・いやいや、散水で汗を流す方が、余程、いい汗が流せますよ。ただし、熱中症対策は十分に!

「慈雨」

「慈雨」
柚月裕子
集英社文庫
2019年5月25日第3刷

 

f:id:tetu-eng:20190728162025j:plain


今週、現場説明があった。

なんの?

シルバー人材センターに登録したことは、すでに、書いたとおり。コーディネーターからオファがあり、散水を請け負うことになった。その現場説明です。来週から9月初旬まで、夏の真っ盛りです。当たり前か。散水の仕事は、夏だからあるのですね。ぼくは、火曜日と金曜日の9:00から12:00までの散水です。

請け負った以上は、キッチリとやらなければいけません。まず、必要なアイテムを揃えること。形から入るのが「ぼく流」。早速、カインズに行って、長靴、麦わら帽子、手袋、塩飴などを調達。作業服は、前の会社から支給されたものがあるので、それでOK。

さらに、散水作戦の立案が必要。いかに効率的に作業を完遂するか。散水エリア図面をひろげて、散水栓の位置を確認。そこからホースの長さの縮尺をコンパスで描き、散水エリアを作図。そして、おおまかな散水のイメージを作りました。あとは、現地で思い描いたとおり作業ができるか?現場合わせで臨機応変にやっていくのみです。

とにかく、暑い季節なので、熱中症対策は、十分に行い(前の会社では、この季節は、安全対策の最重要課題でしたね)、水分補給と30分おきの休憩を念頭に置いて、頑張ります。この奮闘記は、来週に。乞うご期待。

さて、読書雑感、初登場の柚月裕子さんの小説です。以前、本屋で「検事の本懐」を立ち読みしましたが、なんだか、城山三郎の「男子の本懐」のパクリタイトルみたいだったので、買わなかったことを記憶しています。でも、この小説を読んで、いま、ちょっと、心が動いています。

『香代子は坂の途中で立ち止まり、手ぬぐいで額の汗を拭くと、金剛杖を握りしめて神場に言った。
「あなた、行きましょう。八十八番札所はもう少しよ」
香代子に促され、坂を再び歩きはじめる。
夏の盛りの日差しが道路に反射し、あたりが白く光っている。
ふと涼しげな風が吹いた。
「お天気雨だわ」
お遍路笠に手をあてながら、香代子が空を見上げた。
晴れた空から、雨粒が落ちてくる。雷雨でも、豪雨でもない。優しく降り注ぐ、慈しみの雨。
------慈雨だ。』

 県警捜査一課の刑事を退官して、妻と二人で四国八十八か所の巡礼の旅に出た神場と香代子。第一番札所の徳島の霊山寺から第八十八番札所の香川の大窪寺まで、二か月に及ぶ歩き遍路の順打ち。遍路道では、「おもてなし」の訳アリの女や、事情のある男との出会いなど。

お遍路にでた神場には、16年前の幼女誘拐殺人事件について、どうしても拭いきれない後悔があった。そんな旅先で後輩刑事の緒方から事件の相談があった。手口の酷似した幼女誘拐事件の発生。捜査は難航している。16年前の事件との今回の事件が重なり合う。

四国八十八か所の巡礼。バスツアーなどもあるらしいが、ぼくには、とても無理でしょうね。年を取ると仏頼み、神頼みが、多くなります。ぼくの坐禅通いも、同じ心持なのかもしれません。

「断捨離」

「断捨離」

f:id:tetu-eng:20190718165830j:plain

サラリーマンを辞めて、とにかく、まずは、「断捨離」

まず、スーツを処分した。とりあえず、比較的に新しい冬服・合服・夏服のそれぞれ1着のみを残して、みんなゴミの日にビニール袋に突っ込んで出した。よくもこんなにクローゼットに入っていたかと感心する。すし詰め状態で、引っ張りだすのに難儀していたし、皴にもなっていた。おかげで、クローゼットがすっきりして、いい具合に私服が並んだ。

つぎに、会社関係の図書類を処分した。年史・写真集は、とりあえず記念に残して、工事報告書などは新聞などと一緒にリサイクルゴミとして出した。今までも見ることがなく、本箱で埃をかぶっていたので、おかげで、本箱が2段分スッキリしました。ただし、捨てられないのがイベントのときの記念品ですが、これも、そのうち、粗大ゴミに出すか?その前に、メルカリにでも出してみようか。思案中。

さて、一番厄介なのが、40年前の学生時代の専門図書。当時のぼくの夢が詰まっていた本たちです。まったく、40年も、その夢を引きずっていたかと思うと、執念深いキャラだと、自分のことながらあきれている。もちろん、一部は、マンションに引っ越した時に処分したが、そのときに捨てきれなかった本たちです。

f:id:tetu-eng:20190718113113j:plain

しかし、ついに決断のときがきました。といっても、ほんとうに思い入れのある一部を残して、ひもで縛って、これも新聞などと一緒にリサイクルゴミとして出す準備ができました。おかげで、本箱が小説とウクレレの楽譜と美術図書ほかになって、これまた、スッキリしました。よくぞ、こんなに本箱に詰め込んでいたかと驚愕しました。とにかく、本箱に余裕ってものがなかったのです。

でも、捨てる本たちの値段をみて・・・・。一冊、平均2,000円程度。結構、当時、手に入りにくいものもあり、高額なものもありました。すべて、親からの仕送りで賄っていたので・・・と言うか、本を買うといって追加してもらっていたと思います。あらためて、親に感謝するとともに、期待に応えられなかったことを深く陳謝いたします。

さらに、問題なのがあります。40年間、読んでそのままになっている小説たちです。とくに単行本。最近は、読み終わったら、すぐにヤフオクに出品して処分しています(ヤフオクで売りやすいように文庫本を買っている)が、古い本は、売るに売れない、かと言って、もう読むことはない。まるで、切手収集みたいなもので、ぼくのコレクションです。しかし、これも、やがては処分するしかないですね。

そのときは、いつなのか?まあ、これからは、時間は沢山あるので、また、気分が乗ったときですね。いきなり、何もかにも無くなってしまうと、ちーと、寂しいものがあります。まだ、ぼくは、生きています。

 

「一切なりゆき~樹木希林のことば~」

「一切なりゆき~樹木希林のことば~」
樹木希林
文春新書
2019年5月31日第23刷

 

f:id:tetu-eng:20190714155007j:plain


『2018年9月15日、女優の樹木希林さんが永眠されました。』

2019年上半期の一番売れた本らしいです。ぼくが、5月に購入した時点で120万部突破らしいです。なぜ、この本が、そんなに売れるのか?

ところで、先週、ぼくが、お世話になっているテニススクールのクラスの暑気払いがありました。もう、10年以上通っているのかな。クラスのメンバーで、毎年、暑気払いと忘年会と年2回の会合をやっています。メンバーは、40代半ば~60代半ば、職業バラバラ、でも、テニス愛好の会です。

ぼくより、一つ上の方、二つ上の方がいますが、60代は、その3人。同年代がいるので、励まされますね。と言うか、上の二人からは、「俺たちが頑張っている間はやめられないよね」というプレッシャーがあり、辞めるに辞められない状況。まあ、細君からも、辞めたら、もう復活できないからね・・・とも、プレッシャーがあります。

この会の話題は、とにかく、テニスのこと。もちろん、それぞれのプレーのこと、コーチの悩み、ウィンブルドンのこと・・・とくに、ラケット・シューズ・ウエアなど、道具の話は、盛り上がりますね。錦織のラケットはどうだとか、ジョコビッチフェデラーのはどうだとか。とくに、錦織ブランド(ウィルソンのラケット、ナイキのシューズ・ユニクロのウェア)で揃えている方もいます。

まあ、ゴルフでもそうですが、道具の話は、「筆を選ばず」ではなく、「選んで」話のネタにするのが面白いですね。ちなみに、ぼくは、ラケットは、大坂なおみと同じ「ヨネックスEゾーン」シューズも、ヨネックス、ウェアは、いまはアシックスって、バラバラですね。

そうそう、今日は、ウィンブルドンの決勝「フェデラーVSジョコビッチ」。どちらが勝つでしょうか?楽しみですね。昨夜は、女子の決勝があり「ウィリアムズVSハレプ」、まるで、ウィリアムズには失礼ですが、弁慶と牛若丸の戦いみたいでした。動きに勝ったハレプの初優勝。大坂なおみも、つぎの全米で頑張ってください。てな話も、今日のテニスのスクールの話題でした。

話を元に戻すと、「なぜ、樹木希林は支持されるか?」ぼくも、彼女が亡くなってから、彼女のテレビの特番を何本か見ましたが、「彼女はいい生き方をしている」と感じました。何が・・・この本のタイトルどおり「一切なりゆき」。「なにごとにも、囚われない」かと思えば、「一途のこだわりもある」そして、それが、とても自然で、あえて、作ろうとしていない。

要するに、ぼくが、人生訓としている「行雲流水」「平々凡々」「日日是好日」・・・3つもあるんかい!これを、自然にこなしている。そんな雰囲気をもった人でした。彼女には、こんな人生訓もなかったと思います。でも、仏教用語は、ときどき出てくるので、やはり、病気と関係しているのかな。

この本は、彼女が執筆したものではなく、彼女の記事、トーク番組での言葉などを編集したものです。このような本が出版されること自体が「すごい」ことだと思います。でも、決して、彼女がすごい人になることを望んだのではなく、世の中が、彼女をすごい人と認めたのですね。難しい御託を並べる著名人の本には「ない」もの・・・があります。それが、売れている理由です。

「サブマリン」

「サブマリン」
伊坂幸太郎
講談社文庫
2019年4月16日第1刷

f:id:tetu-eng:20190707164940j:plain

1週間が過ぎました。

とても、忙しく動き回って疲れました。会社では、個室でノンビリと阪神高速を眺めていたのですが、やりたい事に手当たり次第、チョッカイをかけていたら目が回りました。まあ、これから取捨選択しながら落ち着いていくのでしょう。

そうそう、わが家で購読?していた朝日新聞を止めました。ぼくは、家で新聞をほとんど読んでいなかったので、久しぶりに朝日新聞を読んで愕然としました。もはや、朝日新聞は公平・公正・中立の日刊紙ではありません。発行部数は、読売、朝日、毎日、日経、産経の順ですが、近年、日経以外は部数が減っているらしいです。

これは、PCやスマホの普及の影響でしょうが、特に、朝日の凋落が著しいようです。そりゃそうでしょう。日刊新聞として、記事、内容、社説・・・など、すべてにおいて、もはや、月額4千円の価値を認めません。そこで、会社で読み慣れた「日本経済新聞」に変更しました。月額5千円と千円高くなりますが、どうせ、払うなら・・・・ネ。おかげで、朝食前と夕食前に、じっくり新聞を読むようになりました。

なんと言っても、週末のメインレースの予想が馬柱まで掲載されているのがイイね。これ、競馬の話。「勝ち馬投票」への参加が、すっかり少なくなり、最近は、週末のメインレースのみ。これで、競馬新聞を買うのはもったいないので、これも・・・・というか、結局、これが最大の変更理由かな。あっ、それと、ぼくの商売の一つである「株取引」を充実させるには、「日経新聞」は必需品です・・・これが、ほんとの理由。

伊坂幸太郎さんの小説は、久しぶりに読みました。こんな「感じ」の小説を書く小説家だったかな?正直、やや、忘れていました。カバー裏の「あらすじ」に「家庭裁判所調査官の武藤は、・・・」と書いてあったので、とうとう、お仕事小説に「家庭裁判所調査官」まで、取り上げられたか・・・と、興味をもって読みました。

『僕たちはカウンセラーでもなければ、身柄引き受け人でも親代わりでもない。少年事件を調査し、報告すれだけだ。「だけ」と言うわりにはずいぶん大変だと自分では思うが、それでも僕たちは、「少年の人生」のすべてには対応しない。この少年はどうなるのだろうか、とその未来に思いを馳せることはあっても、基本的には、仕事として取り扱うに過ぎない。開き直るわけではなく、僕たちの仕事とはそういうものなのだ。妻が以前、「そのくらいの距離感じゃないとやっていけないでしょ」と言っていたがまさにその通りだ。』

 
なぜ、「サブマリン」というタイトルなのかを考えていた。ヒントは、帯に書かれていました。「暗い深海からの声を見つけたい」・・・二人の少年の無免許運転・・・死亡事故。担当の少年調査官の武藤は、上司の陣内とのコンビで、事件の調査を担当する。なかなか、真相を語ろうとしない少年、事件の周辺を調べているうちに、驚くべき事実がベールをはがすように明らかになってくる。

お仕事小説かと思っていたら、とんでもないミステリーでした。少年の犯罪に対する処分は、少年法により「守られている」いうよりは、教育・更生を目的としている。と、昔、刑事政策で勉強したことがあります。まさに、少年との距離感が必要だと思います。それと同時に、被害者心情とのバランスも必要です。それを担っているのが、家庭裁判所少年調査官・・・難しいお仕事です。