「禅とは何か」

「禅とは何か」
(それは達磨から始まった)
水上 勉
中公文庫
2018年12月25日初版発行

f:id:tetu-eng:20200405143156j:plain

世の中、コロナ、コロナで騒然・・・沈滞していますが、現役の皆さんは、日々、感染の予防に、ご苦労をされているでしょう。とくに、医療関係者におかれては、増え続ける感染者への対応で、過去に経験をしたことのない状況になっていると思います。


聞くところによると、マスクがない、防護服がない、ベッドがない、人工呼吸器がない・・・など鉄砲を弾もなしで、精神論でコロナと戦っているご様子。まるで、大東亜戦争末期の竹やりでB29を打ち落とすようなことです。21世紀に人間の無力を感じてしまいます。


年金生活者は、外出を控えながら、毎日、テレビのニュースやワイドショーで、皆様のご苦労にエールを送ることしかできません。まことに、申し訳ない仕儀ではありますが、せめて、ネットでの買い物など、少しでも、経済を回すために役立つことを考えています。


下落する株価の下支えは、個人株主の奮闘にあると、心を入れ替えて、個人株主の本来の姿である「逆張り」に精を出しています。ところが、残念ながら、資金力がないので、矢はつき、力もつきて、これ以上の打ち球も枯渇してしまいました。さてもさても、情けないことです。


こういう時だからこそ、心を落ち着けて、冷静になることが必要です。そのための、アイテム。そうです。「禅」で心を落ち着けましょう。


このところ、「禅」に興味を持ち、すこし、関連本を読んでいたところ、入門書として「禅とは何か」(水上勉)に辿り着きました。


禅的生活」(玄侑宗久)、「日曜に読む荘子」(山田史生)、「無心のダイナミズム」(西平直)、「禅マインドビギナーズマインド」(鈴木俊隆)、「白隠 禅画の世界」(芳澤勝弘)など。なぜ、「禅とは何か」をチョイスしたか?


「無心のダイナミズム」は、学術書だったので、正直、面白くなかった。そこで、文書のプロ(作家、とくに小説家)が書いたものがいいのでは・・・と考えました。ありました。水上勉さん。2004年に逝去さていますが、「雁の寺」で直木賞受賞。なんと、「飢餓海峡」「五番町夕霧楼」などの作品は有名です。


「五番町夕霧楼」は、松坂慶子主演の映画を見た記憶があります。えっ、こんな官能的な世界を描いた小説家が、「禅とは何か」ですか。そうなんです。水上勉さんの略歴をみてみると、幼くして京都の禅寺に預けられ、9才の時に得度を受けて、19才で禅門を飛び出したらしいです。


水上勉さんの著作には、「一休」、「沢庵」、「良寛」と禅宗の僧侶の小説があり、その作品で数々の賞を受賞されていました。たぶん、「禅とは何か」は、これらの作品を書くために勉強された成果の集約だと思います。


 達磨(520年)に始まる中国禅から、栄西臨済宗)(1187年)、道元曹洞宗)(1223年)、隠元黄檗宗)(1669年)が創始した日本禅の歴史、そして、それまでの宗派との関係などが、小説家の文章で簡潔かつ明晰に書かれており、「禅」というより「禅宗」の入門書として読みごたえがありました。


ここから、さらに、「一休」(1481年遷化)、「沢庵」(1645年遷化)、「良寛」(1831年遷化)と、次のステップに進んでいこうと思っています。

 

『うらをみせ おもてをみせて ちるもみじ』(良寛 辞世)

 

「白隠禅画をよむ」

白隠禅画をよむ」
(面白うて やがて身にしむ その深さ)
芳澤勝弘
ウエッジ
2012年12月31日第一刷

f:id:tetu-eng:20200329144445j:plain

先日、テレビを観ていて、スマップの中居正広さんが、いいことを言っていたので紹介します。彼が若い時に先輩の俳優さんに言われたことらしいです。「何でもいいから、一つ、「オタク」になるものを持ちなさい。」彼にとっては、野球らしいです。野球のことなら、一生懸命になれる。


「オタク」に没頭していると、何かも忘れることができる。ある意味、「無心」になれるということかも。ぼくは、ウクレレを弾いているときには、演奏に集中しているので、余計なことは考えないです。これは、禅の道に通じることかもしれません。


ただし、ぼくの「オタク」は何かと問われれば、とにかく、移り気な性格だから、これと言って、極めた「オタク」がありません。なにか、一つ極めたいと思うのですが(もちろん、プロ(プロとは、その道で稼ぐという意味。)になる、という意味ではありません。)・・・。


そうそう、今更ですが、先日、龍象院の住職に、「いつも拝んでいる当院のご本尊は」と尋ねたら、「正観世音菩薩」ということでした。ここで、またしても、ぼくのムラムラが始まって、そもそも、菩薩とは何ぞや?


そもそも、仏とは何ぞや?死んだら成仏すると言うが、死んだら皆、仏になるのか?・・・今、勉強中ですが、こりゃ、仏教の成り立ちから、勉強しないと・・・と思ったら、気が遠くなりました。まあ、これも、ボチボチです。


さて、昨年、佐川美術館で白隠禅師の禅画を鑑賞してから、禅画にやや関心を寄せています。もちろん、毎週土曜日に太山寺の分院である「龍象院」で参禅していることも影響しているのでしょう。


そこで、「白隠禅画をよむ」(面白うて やがて身にしむ その深さ)を神戸外大の図書館で借りて一読しました。


白隠慧鶴禅師(1685~1768)日本臨済禅中興の祖。江戸開府(1603)から80年後、ときは元禄時代、江戸爛熟期といってもいい。赤穂浪士の討ち入りが、元禄15年(1703)12月14日なので、そういう時代の僧侶らしいです。


この方、おびただしい数の書画を残しているらしいです。達磨さん、鍾馗さん、雷神さん、布袋さんなどなど、現代の漫画のような図案で、賛(画の横に書かれた漢文など)に風刺的な言葉が書かれています。


画と賛が一体となって、庶民に処世術のようなものを説教していたのでしょうか?難しい経文ではなく、漫画とその吹き出しで、面白おかしく表現したのでしょう。

衆生本来仏なり
水と氷の如くにて
水をはれて氷はなく
衆生の外に仏なし
衆生近きを知らずして
遠く求むるはかなさよ 「坐禅和讃」』

 
この方の禅画を鑑賞していると、決して「うまい絵」とは思いませんが、味があるのです。つい、吹き出してしまう・・・そういった白と黒との世界です。

ぶらり、こんなときに、京都へ!

ぶらり、こんなときに、京都へ!

コロナ 三原則。
「換気の悪い密閉空間」「手の届く距離に人が密集」「近距離での会話・発生」の3つの条件が重なった場にクラスター発生を確認。


そこで、自家用車・外歩きならOK、人が少なければOK、会話がなければOK・・・ということで、インバウンドが減少して、中国・韓国などの海外からの観光客がいなくなったとの噂の京都へ行きました。


いまこそ、京都を日本人に取り戻せ!の意気込みです。


そうそう、昨年夏に行った時には、四条通は、キャリーバックをゴロゴロと引っ張っている観光客だらけ。道は歩きにくいので、嫌になって、そそくさと用事を済ませて、すぐに帰りました。さて、今回は、どうだったでしょうか?


まず、平安神宮。京都東ICから平安神宮の近くの岡崎公園駐車場に入場。めずらしく駐車場・・・空車・・・空車・・・空車。やはり、観光客が少なさそうな予感。地上に出て、平安神宮の正面。おっ、誰もいません。チート寂しい感じはしますが、天気良好。平安神宮を細君と二人占め。

f:id:tetu-eng:20200319110940j:plain


平安神宮から神宮通の京都美術館(京セラ美術館)まえの交差点もこの状況。

f:id:tetu-eng:20200322140005j:plain


さて、ここから、青蓮院のまえを通って、知恩院へ。浄土宗総本山。たぶん、いつもなら参拝客で混雑していると思いますが、ゆっくりお参りできました。それどころか、阿弥陀堂では、お坊さんが念仏を唱えている後ろに座って、細君と二人で、「南無阿弥陀仏」の声明を繰り返して、コロナの早期終息を祈念?

f:id:tetu-eng:20200322140022j:plain


念仏も唱えたので、円山公園を抜けて四条通へ。さすがに、ここに来ると、着物姿の若い人たちが、たぶん卒業旅行かなにか?チラホラ。でも、昨年の夏と比べると雲泥の差です。

f:id:tetu-eng:20200319135622j:plain


花見小路に入って、ちょっとリッチなミニ懐石をいただくことにしました。お店は、「薬研堀」。まあ、ここも、ごらんのとおり。おかげで、ゆっくり懐石を愉しむことができました。

f:id:tetu-eng:20200319131510j:plain

f:id:tetu-eng:20200319125130j:plain


さて、昼食を満喫して、八坂神社に参拝。コロナの影響で鈴の紐が束ねられて接触回避。もちろん、手水所も閉鎖されていました。清めることもなしに、鈴を鳴らして神様へお参りすることを知らせることもできないで、願いが叶うでしょうか?まあ、神も仏も、そんなお心が狭いことはないでしょう。

f:id:tetu-eng:20200322140116j:plain

以上、本日の予定は、滞りなく終了したので、また、元来た道をぶうら・ぶうら。岡崎公園は小さな子供たちが、春の陽を愉しむかのように遊んでいました。日頃は、観光客に独占された京都は、いま、京都市民と日本人に戻ってきたようです。


帰宅すると、井戸兵庫県知事が、大阪その他の地域への不要不急の外出を控えるようにとの要請・・・もう、行っちゃいました。こんな能天気な日本人がいて、大丈夫でしょうか?

「草花たちの静かな誓い」

「草花たちの静かな誓い」
宮本 輝
集英社文庫
2020年1月25日

f:id:tetu-eng:20200315151042j:plain

WHOが、ついに、コロナ・ウイルス感染について、「パンデミック宣言」をしました。この宣言によって何が変わるのか?は、ぼくは知りませんが、世界的な大流行と国際機関が認めたということです。


当の発生元の中国は、収束に向かいつつあるということで、涼しい顔をしています。それはそれで良いことなのでしょうが、かの国の情報は、いまいち信頼性がないので、ほんとのことはどうなのでしょう。


わが日本の状況は、とくに、ぼくの周辺では、クルーザーの下船乗客が、近くに居るらしいという噂はありましたがまだ、感染があったという噂は流れていません。


かと言って、ぼくに関係がないかというと、「貯蓄から投資へ」という政府スローガンにのせられて、お国のために「僅かな蓄え」を投資に回して、えらいことになっています。政府は、補償してくれるでしょうか?そんなわけないでしょう。この状況が、早く収束してくれないと夜もおちおち寝てられません。


もともとの不眠症が悪化しそうです。政府は、補償してくれるでしょうか?と、なんでも政府に縋りつくのが、最近の風潮ですが、あくまで、自己責任が第一です。まあ、今回のコロナ・ウイルスは、天災ですから、自然には抗せない弱い人間たちは、じっと、この災禍が過ぎ去るのを待つしかありません。


それにしても、腹立たしいのは、かの国です。軍事費に回す金を、公衆衛生に回せよ!と思うのは、ぼくだけでしょうか?


一旦、コロナのことは忘れて、「草花たちの静かな誓い」・・・タイトルが綺麗です。これから、春になって、何事もないように桜の花は咲きます。先日、一足先に、河津桜の川堤を散歩しました。天気の良い日に桜や雪柳を愛でるのは、一服の清涼剤でしょう。


舞台は、ロサンゼルスのランチョ・パロス・ヴァーデス。ロサンゼルスの海沿いの有名な高級住宅街らしいです。


小畑弦矢は、叔母である菊枝・オルコットの遺産(4200万ドル)を相続することとなった。日本円に換算すると43億円。その手続きにロサンゼルスを訪れて、白血病で亡くなったと思っていた従姉妹のレイラが、6才の時に誘拐されたという意外な事実を知った。


「遺産の70%をレイラに」という削除された遺言書の一部。弦矢は、レイラの消息を突き止めることを決意。そして、ある真実が明らかになっていく。その真実は?


この小説で、つねに準主役になっているのが、菊枝・オルコットの邸宅の庭の「草花たち」と菊枝おばさんの残した「手作りのスープ」です。弦矢は、邸宅の庭で「草花たち」を眺めながら、そして、食事のたびにいろいろな「缶入りスープ」を愉しみます。


ところで、いきなり、莫大な遺産を相続することになったら、あなたならどうしますか?ここで、人間性が露見するかも。まあ、ぼくなら額に汗した資産ではないので、しかるべき組織に寄付するでしょうね。


なんて事は、絶対しないと確信できます。宝くじに当たって、一部を寄付しようとしたら、様々な組織から勧誘されて大変なことになるということを聞いたことがあります。まずは、秘密厳守です。いきなり、派手になるとバレてしまうので、少しづつバレないように・・・なんと、小さな人間でしょう。


そんなことも、妄想してしまう小説でした。

つぶやき、新しい趣味

つぶやき、新しい趣味

 

昨年の10月からだったかな?お習字を始めたことは、このブログに書きました。いつまで、続くかと思っていたら、もう半年が過ぎました。こりゃ、我ながら、なかなか、続いています。

f:id:tetu-eng:20200308143032j:plain


とにかく、硯などの道具は、半世紀前の遺物があるので、筆(筆もありましたが、とても使用に耐えない状態)と紙を調達すれば、簡単に、始められました。あとは、本人のやる気と根気。


墨は、200円?ぐらいの「くれ竹」のもの(硯箱に入っていた)、金色の「蘭亭記」は、細君が絵手紙で買っていた6000円ぐらいのもの、「蓬莱山」という大きなものは、半世紀前の古墨(価格不詳)です。


これを、「こしこし、シュッシュ」と30分ぐらい磨っている時間が、なんとなく、いいフィーリングです。でも、夏になると暑いかも。昨日、練習で書いたものを掲載しました。さて、これから、どの程度、上達するかが楽しみです。

f:id:tetu-eng:20200308143050j:plain


テニスは、かれこれ20年やっていますが、ちーとも上達しません。

ウクレレは、かれこれ7年やっていますが、これも、ちーとも上達しません。

ポストカードの水彩は、かれこれ15年やっていますが、これも、ちーとも上達しません。


どれもこれも、ちーとも上達しませんが、そもそも、運動の能力、芸術的な才能が、欠乏しているのでしょう。最後の望みをかけた「お習字」ですが、まあ、先は見えているのでしょう。ぼくは、解っちゃいるのですが、なにせ、気が多いのだから仕方がないでしょう。


そうそう、ごく最近は、朝ドラを見ていると、陶芸がやりたくなるし、・・・農業公園の陶芸教室をみつけた。小説でスープづくりがでてくるとスープが作りたくなる。・・・辰巳芳子の本を買おうか。


いやいや、もう人生は、残り時間があまりないので、あれこれ手を出さずに、とにかく、テニス、ウクレレ、水彩、・・・お習字に愚直に励みましょう・・・と、今は、思っています。


思った端から、お習字のついでに「いたずら書き」をしてみました。水墨画か、禅画か、もいいな。って、ダメダメ!

f:id:tetu-eng:20200308143106j:plain


いま、机の上に「白隠禅画をよむ」があります。アッハッハッハ!

「蛍川」

「蛍川」
宮本 輝
筑摩書房
1978年3月5日第4刷発行

f:id:tetu-eng:20200301153852j:plain

本箱から引っ張り出した「蛍川」。40年数年ぶりに再読しました。最近、本屋をうろうろしても、こいつは読んでみたいと思う本がなくて、困っています。そこで、少し昔の本を読んでみようと思って、「蛍川」。


以前なら、夏目漱石の小説に回帰するのですが、文豪本にも、触手が動かなくて、こりゃ、読書倦怠期ですかね。世の中、本は腐るほどあるのに、好奇心がなくなってしまって、新しい作家さんにチャレンジするのも鬱とおしくなっているのかも?うむ、やはり、症状は、読書倦怠期。


余談ですが、世の中、右を向いても、左を見ても、「コロナ!コロナ!」。トヨタの車じゃあるまいし(もうそんな車種はないか)、または、ストーブのメーカー(我が家の乾燥機は「コロナ」製)じゃあるまし。なんて、駄洒落ている場合ではありません。


ぼくの僅かな投資株は暴落状態。非常事態宣言です。この1~2週間が正念場らしいですが、その根拠って何なんでしょうか?小中高校は、休学にするらしいですし、会社もフレックスや、テレワークなどで、とにかく、人ごみの中にはいかないことが肝要とのこと。


新聞に専門家会議のメンバーの座談会が掲載されていましたが、日本人全員が感染してもおかしくないほどの感染力らしいです。さらに、感染しても8割が軽症らしいです。したがって、人の移動を制限する必要はないとのことでしたが・・・・。


ぼくのように無所属の人間は、年中、在宅暇つぶしですが、現役で働いている人、お勉強をしている青少年は、何かと、困っているでしょう。何か、お役に立ちたいですが、チョロチョロしないで、せめて、感染しないで、医療関係者にご迷惑をかけないのが、一番の貢献かもしれません。


さて、「蛍川」です。1978年の芥川賞受賞作品です。宮本輝は、前年、「泥の河」で太宰治賞を受賞して、翌年に「道頓堀川」を上梓しています。三つの作品を宮本輝の三川(さんせん)と当時言っていたような記憶があります。


宮本輝は、神戸出身で大阪の大学を卒業しているので、「泥の河」(舞台は「安治川」)と「道頓堀川」と、大阪の川を舞台にした小説です。しかし、「蛍川」は、富山の「いたち川」(実在するか否かは調べていません。)を舞台にしているのですが、これも、宮本さんが小学校時代を過ごした街です。この街で、父親は事業に失敗したらしいです。


いわば、「蛍川」は、宮本さんの小学校時代の私小説かもしれません。


昭和37年、竜夫は中学2年生。父の重竜と母の千代との間の遅い子でした。父は、事業に失敗して、重篤な病気でなくなりますが、千代と竜夫は、残った借金の整理とその後の生計のため、富山に残るか、叔父のいる大阪に転居するかを迫られます。そんなとき、近くの老爺銀蔵に連れられてホタルを探しに行きます。

 

『梟の声が頭上から聞こえた。千代の心にその瞬間ある考えが浮かんだ。人里離れた夜道をここからさらに千五百歩進んで、もし蛍が出なかったら、引き返そう。そして自分もまた富山に残り、賄い婦をして息子を育てていこう。だがもし蛍の大群に遭遇したら、その時は喜三郎の言うように大阪に行こう。』

 


中学生にありそうなこと、進学するかどうか?気になる女子?中学2年生の少年竜夫の心の揺らめき、そこに、突然の父親の死・・・蛍に、行く末を占う母・・・。昭和の小説です。だから、懐かしさを感じます。

「コーヒーが冷めないうちに」

コーヒーが冷めないうちに
川口俊和
サンマーク出版
2017年1月30日第40刷発行

f:id:tetu-eng:20200223161001j:plain

先週、宮本輝さんの「蛍川」を探していて、この本を見つけました。二年前に買って、読んでいなかった。なぜ?わかりません。初版が、2015年なので、2年間で40刷。大ヒット小説です。本屋大賞にも、ノミネートされ、この年の本屋大賞(「蜂蜜と遠雷」恩田陸・・・これも面白かった。)以上にブレイクしたような記憶があります。
まあ、とにかく、読み忘れていた本を、今、読むのも一興です。


ところで、先々週、久しぶりに神戸元町商店街をブラブラしていて、気づいたこと。元町大丸前から阪神西元町の間に純喫茶が多いこと。スターバックスなどの繁盛で、昔ながらの純喫茶は斜陽と思っていましたが、まだまだ、根強い人気があるということです。


でも、サラリーマンが、街の弁当屋で500円以内の昼食の時代に、コーヒーが一杯、400円から500円。まあ、煙草も、一箱が500円時代。嗜好品は、食事に勝るということですか?


思い出の喫茶店と言えば、学生時代に入り浸った2つの店。


一つは、「欅」。静岡の三島。富士の伏流疎水の側の喫茶店。大学に入学して、気なって、喫茶店でハイライトにムセイデいたものです。二つ目は、「青い鳥」。神田神保町。これも、学生時代、大学の近くで、授業の合間に、ショートホープを燻らし乍ら友達と駄弁っていた。


半世紀前の思い出です。

 

『とある街の、とある喫茶店
とある座席には不思議な都市伝説があった
その席に座ると、その席に座っている間だけ
望んだ通りの時間に移動ができるという』
ただし、そこにはめんどくさい
非常にめんどくさいルールがあった』

 
そのひとつが、

『過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、
そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ』

 
「望んだ通りの時間」に移動できるとすると、あなたは、いつに移動しますか?過去ですか?未来ですか?この手のお話の常道として、「決して、現実は変わらない」ということもルールの一つです。ぼくは、未来を除くのは怖いし、現実が変わらないなら過去に戻っても意味がないので、時間移動はご遠慮いたします。


それでも、どうしても、過去に戻ったり、未来に行ったりして、確認したいこともある。そういう事情があるお客が、この喫茶店の「その席」に座る。結婚を考えていた彼氏と別れた女、記憶が消えていく夫と看護師の妻、家業を捨てて家出した姉と家業を継いだ妹、喫茶店のオーナーと心臓病を患う妊娠した妻。


茶店の名前は、「フニクラフニクラ」。「ゆこう!ゆこう!火の山へ」は、親父が、火の山(田舎の有名なロープウェイのある山ぼ名前)に登るときに歌っていた歌。子供のときに何度も聞いて、このフレーズだけ覚えています。てっきり、「火の山」の歌だと思っていましたが、原曲は、「フニクラ・フニクラ」(イタリア歌謡曲)だったのです。


小説のラストは、地下鉄の座席で読みました。またまた、目と鼻から水があふれだして、なんとも、みっともない仕儀となりました。