「騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編 上」

「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編 下」「騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編 上」村上 春樹平成31年3月1日初刷発行平成31年4月1日初刷発行新潮文庫 表題が似ているので、先々週と同じ内容かと勘違いしてはいけないので、お断りします。先…

カルロス・ゴーン

カルロス・ゴーン ぼくは、脳トレの一つとして、少々の日本株式を持っています。そして、日頃から、東証の株の動きを見ながら、ときどき、売買をして、日本経済に関心を持つようにしています。なお、再度申し上げますが、株式売買は、投資というよりは、ボケ…

「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編 上」村上 春樹平成31年3月1日初刷発行新潮文庫 前回に続き、4月1日に新元号が発表されました。 そこで、友人の書家のAくんの書による「令和」を、彼には無断で借用します。なかなかの達筆でございます。 ついで…

「恭一郎と七人の叔母」

「恭一郎と七人の叔母」小路 幸也2019年2月15日初刷発行徳間文庫 4月1日に新元号が発表されるらしい。いま、マスコミは、いろんな関係先に取材をかけて、新元号を他社より早く報道しようと躍起になっていることでしょう。どうせ、遅かれ早かれ、4…

ぶらり、丹東シルク温泉

ぶらり、丹東シルク温泉 「とろりとしたお湯で シルクのような なめらか艶肌へ」「春分の日」は、朝から雨。温泉でも行くかとの会話。細君が、行きつけの「白雲台ユピカ」で聞きつけたシルク温泉へ。それにしても、女という生き物は、どこでも気軽にコミュニ…

「あの家に暮らす四人の女」

「あの家に暮らす四人の女」 三浦 しをん 2018年9月15日7刷発行 中公文庫 すっかり、春めいたと思えば、また、冷たい風が吹き、「春に三日の晴れはなし」とは「気象ことわざ」らしいです。今年は、花粉のとびが遅いのか早いのか?多いいのか普通なの…

「1R1分34秒」

「1R1分34秒」 町屋 良平 文藝春秋3月号 第160回芥川賞に選ばれた2作品のうち、先週、「ニムロッド」を紹介しました。今週は、「1R1分34秒」です。最近、2作品の選定が多いかな?と、思って調べてみたら、過去10年間で6回もありました。…

「ニムロッド」

「ニムロッド」上田 岳弘文藝春秋3月号掲載 「ニムロッド」の意味・・・旧約聖書の登場人物、詳細に説明すると長くなるので省略。もうひとつ、イギリス空軍の対潜哨戒機の名前。 『駄目な飛行機コレクション NO.8BAE ニムロッド AEW.31976年に始まった…

「ジーヴスの事件簿 大胆不敵の巻」

「ジーヴスの事件簿 大胆不敵の巻」P・G・ウッドハウス2018年11月30日第11刷文春文庫 さて、今週は、まじめに「読書雑感」を書きます。「読書雑感」が面白くない人は、読み飛ばしてください。ただし、後悔するかもしれません。 「ジーヴスの事件…

「ジーヴスの事件簿 才智縦横の巻」

「ジーヴスの事件簿 才智縦横の巻」P・G・ウッドハウス2018年11月5日第10刷文春文庫 週末からの副鼻腔炎のため、テニスを休み、パリのスターバックスで買ったマグカップに、小川珈琲のドリップコーヒーをいれて、ダバ♪ダー(^^♪今週のビックリ! …

「今宵、バーで謎解きを」

「今宵、バーで謎解きを」鯨統一郎2013年1月20日第1刷光文社文庫 お気づきになったでしょうか?先週、ブログの仕様が変わりました。 今まで、無料ブログサービスの「はてなダイアリー」を利用していたのですが、それが廃止になり、「はてなブログ」…

That brings back memories.

That brings back memories. 久しぶりの岡山出張。マリンライナーのアンパンマン列車で・・・と思ったら、これは、徳島行き「しおかぜ」でした。同じホームの奥にマリンライナー高松行きが待機していました。これに乗車して児島まで。児島の駅前は、相変わら…

「骨を彩る」

「骨を彩る」 彩瀬まる 平成29年2月10日第1刷 幻冬舎文庫 やれ、やれ、先週の週末は、細君が熱発。ぼくが、家事一切をやる事となりました。食事の準備、片付け、洗濯、掃除、ごみ捨て、買い物など、主夫業務は、大変です。日頃の細君の働きに感謝する…

亥年は受難の年か?

亥年は、波乱が起こる・・・とは、先週に書きました。実は、我が家では、正月初日から波乱続きです。1月1日、夕食のとき、ぼくの奥歯が欠けました。歯医者さんは、お休みなのでどうにもなりません。幸い、左程、違和感のある部位ではなかったので、行きつ…

「みかづき」

「みかづき」 森 絵都 2018年11月25日第1刷 集英社文庫 「イノシシ年」は、何かと波乱の年となるそうです。新年の賀詞交換の場で、そういった発言を何人からか聞きました。「へえ、そうなんだ」というのが、ぼくの感想。でも、ほんとうに、12年前…

HAPPY NEW YEAR

あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。今年は、6時半ごろ覚醒したので、まずは、初日の出を拝みました。 次に、1月1日の恒例行事の初詣に行ってまいりました。「湊川神社」です。 今年は、息子が大晦日から車で出ていったの…

「四人組がいた。」

「四人組がいた。」 高村 薫 2018年11月10日第1刷 文春文庫 12月23日、早いものです。もう、今年も余すところ、あと1週間となりました。年賀状の宛名書きも書き終わり、すでに、投函しました。いよいよ、カウントダウンですね。DO you have an…

「手のひらの音符」

「手のひらの音符」 藤岡 陽子 平成30年8月10日第8刷 新潮文庫 12月15日、早いものです。もう、今年も余すところ、あと半月となりました。年末は、寂しい。クリスマスは、もっと寂しい。年寄りにとっては、年が明けて、また、ひとつ年をとるのが嫌…

「日日是好日(にちにちこれこうじつ」

「日日是好日(にちにちこれこうじつ」 森下 典子 平成30年10月30日第31刷 新潮文庫 インフルエンザの予防接種。昨年は、ワクチンが品薄とかいう話で、何箇所かの病院に問いかけて、結局は、家の近くの上田内科で接種することができました。でも、3…

「暗幕のゲルニカ」

「暗幕のゲルニカ」 原田 マハ 平成30年7月1日第1刷 新潮文庫 『芸術は、飾りではない。敵に立ち向かうための武器なのだ。 パブロ・ピカソ』 ピカソの「ゲルニカ」といえば、美術に疎いぼくでも知っています。何が書いてあるのかサッパリわからない抽象…

平成31年の年賀状

いつものとおり。23日(勤労感謝の日)に年賀状の作成。いつもの「橋」のポストカードスタイルです。ぼくが、会社でお客様サービス部門を担当したときから、拙い「橋の水彩画」でポストカードのような年賀状を制作しています。すこしでも、本州四国連絡橋…

「ユートピア」

「ユートピア」 湊 かなえ 2018年6月20日第1刷 集英社文庫 今年のテニス界は、「錦織 圭」「大坂なおみ」の二人の日本人選手の活躍で盛り上がりました。ファイナルに日本人男女が出場したということは歴史的快挙ですよね。残念ながら、二人とも準決…

「ビブリア古書堂の事件手帖〜扉子と不思議な客人たち〜」

「ビブリア古書堂の事件手帖〜扉子と不思議な客人たち〜」 三上 延 2018年9月22日初版 メディアワークス文庫 紀伊国屋をブラブラしていて、偶然、平積みしている「この本」を見つけました。シリーズ7で終わったかと思っていたのに、番外編なのかな?…

ぶらり、非常参集訓練

今年も、朋有・・・遠方から「新米」・・・来る。毎年、学生時代の友人から「新米」が送られてくる。最後に会ったのは、10年前ぐらいになるかな。毎日が日曜日になったら、逢いたいものであると、常々、思ってはいるが、1年に一回の交友である。さて、も…

ぶらり、総合運動公園

毎日、地下鉄で眺めている「コスモスの丘」。 日曜日の午後、いつもは、午前中のテニスで疲れ、ソファーに寝転んで、「何でもいって委員会 SP」を見ているのですが・・・・。あまりの天気のよさに、ちょいと早めの散歩に出かけることとしました。もちろん…

「カラット探偵事務所の事件簿 1 」

「カラット探偵事務所の事件簿 1 」 乾 くるみ 2011年7月4日第4刷 PHP文芸文庫 すっかりと涼しくなって、1年で最もすごし易い「いい季節」になりました。いまから、一雨ごとに気温が下がり、冬に近づいていくのでしょう。気象の慣用語で「一雨一…

「検察側の罪人 上・下」

「検察側の罪人 上・下」 雫井 脩介 2018年8月10日第10刷 文春文庫 先週、投資のことを書いたら、今週、アメリカ発の世界同時株安。日経平均も1,000円下げ。10月2日(火)24,270円とリーマンショック以来の高値をつけたと思ったら、…

「なんとなく、クリスタル」

「なんとなく、クリスタル」 田中 康夫 1983年4月4日初版 2015年1月20日新装版3刷 河出文庫 ひょんなことから、「なんとなく、クリスタル」を読みました。「ひょんなこと」が何かは、話が長くなるのでカットします。1980年代、バブルの全…

「ツバキ文具店」

「ツバキ文具店」 小川 糸 平成30年8月5日初版 幻冬舎文庫 すっかり秋らしくなりました。窓を開け放しで寝ていると夜風が冷たくて、目が覚めて窓を閉める。ちょっと前には、暑くてクーラーなしでは寝むれなかったのが嘘のようです。「暑さ寒さも彼岸まで…

いよいよ老人か・・・・

介護保険証が届きました。ひと月ほどお姉さんの細君には、先月、届きました。これで、夫婦揃って、めでたく「老人」というジャンルに仕分けされたらしいです。なんとなく、ショックですが・・・。いや、「老人」ではなく、正確には、「高齢者」ということで…