「マチネの終わりに」

「マチネの終わりに」平野啓一郎文春文庫2019年6月25日第2刷 「とんでもない暑さ」が続いたと思ったら、「とんでもない台風」がやってきた。台風10号。昨年の台風21号と比べると、雨は降ったがが、風は左程ではなく、一安心でした。ただし、西日…

「お盆のお休み」のつぶやき

「お盆のお休み」のつぶやき ぼくは、「お盆のお休み」という概念は、もう、ありません。毎日が、お休みですから・・・。息子が、「お盆のお休み」で帰ってきました。まだ、独り者なので、お気楽なものです。年末年始以来かな?いや、GWにも、帰ってきたか…

水撒き奮闘の記

水撒き奮闘の記 連日の猛暑のなか、先週の予告どおり、シルバー人材センターの斡旋業務、某マンションの植栽への散水が始まりました。ぼくは、火曜日と金曜日が担当。朝、9時から12時までの3時間です。 8時半、作業服に着替えて、自転車に乗って颯爽と…

「慈雨」

「慈雨」柚月裕子集英社文庫2019年5月25日第3刷 今週、現場説明があった。 なんの? シルバー人材センターに登録したことは、すでに、書いたとおり。コーディネーターからオファがあり、散水を請け負うことになった。その現場説明です。来週から9月…

「断捨離」

「断捨離」 サラリーマンを辞めて、とにかく、まずは、「断捨離」 まず、スーツを処分した。とりあえず、比較的に新しい冬服・合服・夏服のそれぞれ1着のみを残して、みんなゴミの日にビニール袋に突っ込んで出した。よくもこんなにクローゼットに入ってい…

「一切なりゆき~樹木希林のことば~」

「一切なりゆき~樹木希林のことば~」樹木希林文春新書2019年5月31日第23刷 『2018年9月15日、女優の樹木希林さんが永眠されました。』 2019年上半期の一番売れた本らしいです。ぼくが、5月に購入した時点で120万部突破らしいです…

「サブマリン」

「サブマリン」伊坂幸太郎講談社文庫2019年4月16日第1刷 1週間が過ぎました。 とても、忙しく動き回って疲れました。会社では、個室でノンビリと阪神高速を眺めていたのですが、やりたい事に手当たり次第、チョッカイをかけていたら目が回りました…

人生100年時代に向けて!

人生100年時代に向けて! ぼくこと、2019年(令和元年)6月28日(金)に退任しました。1978年(昭和53年)に入社以来、41年と3か月のサラリーマン生活でした。感慨は、様々。しかし、すべて過去のことである。過去は、過去として大事にしつ…

「木曜組曲」

「木曜組曲」恩田 陸2019年2月15日第1刷発行徳間文庫 例年より、ずいぶんと遅くなりましたが、いよいよ、関西も入梅するらしいです。ぼくは、雨は嫌いではありません。もちろん、靴の中がグシュグシュになったり、ズボンがビシャビシャになるほどの…

「お金の整理学」

「お金の整理学」外山滋比古2019年1月21日第2刷発行小学館新書 30年前、東大生が皆、読んでいる。と言われた「思考の生理学」の著者外山滋比古。御年95歳とのこと、さすがに、最近、老人ホームに入所して、なお、執筆活動をしているとのこと。「…

「海の見える理髪店」

「海の見える理髪店」萩原 浩2019年5月25日第1刷発行集英社文庫 「海の見える理髪店」、前回に引続き、2016年直木賞の受賞作品です。荻原浩さんは、ぼくの好きな作家さんの一人です。彼の作品は、このブログでもいくつか紹介しています。直木賞…

「蜜蜂と遠雷 上・下」

「蜜蜂と遠雷 上・下」恩田 陸平成31年4月10日初刷発行冬幻舎文庫 予告どおり、「蜜蜂と遠雷」。2017年の直木賞と本屋大賞のダブル受賞した作品。わりと、早く文庫本になりました。まあ、2年ほど待ったということです。単行本は高いし、重いので、…

ぶらり、児島ジーンズ・ストリート

ぶらり、児島ジーンズ・ストリート このところ、「読書雑感」がとぎれとぎれ。読書をしていないのではなく、「騎士団長殺し」(全4巻)のあと、今、「蜜蜂と遠雷」(500ページを超える文庫、全2巻)を読んでいます。読み応えのある作品が続いているとい…

つぶやき・・・・坐禅in龍象院

つぶやき・・・・坐禅in龍象院 先週のこと(いつも、事前告知ではないのが残念) 太山寺(本堂が、神戸市の唯一の国宝建造物らしいです)を中心として、「前開(ぜんかい)まちおこし」のイベントがありました。「極楽の里で学び、遊ぼう!~太山寺まつり~…

「騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編 上・下」

「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編 上・下」「騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編 上・下」村上 春樹平成31年3月1日初刷発行平成31年4月1日初刷発行新潮文庫 平成の最後を飾った(ちょっと、オーバー)読み物は、村上春樹の長編小説「騎士…

休日のつぶやき・・・令和、最初のブログ

休日のつぶやき・・・令和、最初のブログ 令和、最初のブログを書きました。2007年(平成19年)に、このブログがスタートして、12年、よく続いたものです。我ながら、感心しています。どうも、ぼくは、書くことが好きなのでしょうか?いや、そうでは…

ぶらり、相楽園・・・平成の幕引き

ぶらり、相楽園・・・平成の幕引き 平成の幕引きの日は、雨。これをどう表現すればよいのか?今上陛下ご退任の「涙雨」か?災害の多かった平成を浄化する「すべてを洗い流す雨」か?いずれにしても、明日から「令和」の御代のスタートです。 その前日(4月…

「騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編 上」

「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編 下」「騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編 上」村上 春樹平成31年3月1日初刷発行平成31年4月1日初刷発行新潮文庫 表題が似ているので、先々週と同じ内容かと勘違いしてはいけないので、お断りします。先…

カルロス・ゴーン

カルロス・ゴーン ぼくは、脳トレの一つとして、少々の日本株式を持っています。そして、日頃から、東証の株の動きを見ながら、ときどき、売買をして、日本経済に関心を持つようにしています。なお、再度申し上げますが、株式売買は、投資というよりは、ボケ…

「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編 上」村上 春樹平成31年3月1日初刷発行新潮文庫 前回に続き、4月1日に新元号が発表されました。 そこで、友人の書家のAくんの書による「令和」を、彼には無断で借用します。なかなかの達筆でございます。 ついで…

「恭一郎と七人の叔母」

「恭一郎と七人の叔母」小路 幸也2019年2月15日初刷発行徳間文庫 4月1日に新元号が発表されるらしい。いま、マスコミは、いろんな関係先に取材をかけて、新元号を他社より早く報道しようと躍起になっていることでしょう。どうせ、遅かれ早かれ、4…

ぶらり、丹東シルク温泉

ぶらり、丹東シルク温泉 「とろりとしたお湯で シルクのような なめらか艶肌へ」「春分の日」は、朝から雨。温泉でも行くかとの会話。細君が、行きつけの「白雲台ユピカ」で聞きつけたシルク温泉へ。それにしても、女という生き物は、どこでも気軽にコミュニ…

「あの家に暮らす四人の女」

「あの家に暮らす四人の女」 三浦 しをん 2018年9月15日7刷発行 中公文庫 すっかり、春めいたと思えば、また、冷たい風が吹き、「春に三日の晴れはなし」とは「気象ことわざ」らしいです。今年は、花粉のとびが遅いのか早いのか?多いいのか普通なの…

「1R1分34秒」

「1R1分34秒」 町屋 良平 文藝春秋3月号 第160回芥川賞に選ばれた2作品のうち、先週、「ニムロッド」を紹介しました。今週は、「1R1分34秒」です。最近、2作品の選定が多いかな?と、思って調べてみたら、過去10年間で6回もありました。…

「ニムロッド」

「ニムロッド」上田 岳弘文藝春秋3月号掲載 「ニムロッド」の意味・・・旧約聖書の登場人物、詳細に説明すると長くなるので省略。もうひとつ、イギリス空軍の対潜哨戒機の名前。 『駄目な飛行機コレクション NO.8BAE ニムロッド AEW.31976年に始まった…

「ジーヴスの事件簿 大胆不敵の巻」

「ジーヴスの事件簿 大胆不敵の巻」P・G・ウッドハウス2018年11月30日第11刷文春文庫 さて、今週は、まじめに「読書雑感」を書きます。「読書雑感」が面白くない人は、読み飛ばしてください。ただし、後悔するかもしれません。 「ジーヴスの事件…

「ジーヴスの事件簿 才智縦横の巻」

「ジーヴスの事件簿 才智縦横の巻」P・G・ウッドハウス2018年11月5日第10刷文春文庫 週末からの副鼻腔炎のため、テニスを休み、パリのスターバックスで買ったマグカップに、小川珈琲のドリップコーヒーをいれて、ダバ♪ダー(^^♪今週のビックリ! …

「今宵、バーで謎解きを」

「今宵、バーで謎解きを」鯨統一郎2013年1月20日第1刷光文社文庫 お気づきになったでしょうか?先週、ブログの仕様が変わりました。 今まで、無料ブログサービスの「はてなダイアリー」を利用していたのですが、それが廃止になり、「はてなブログ」…

That brings back memories.

That brings back memories. 久しぶりの岡山出張。マリンライナーのアンパンマン列車で・・・と思ったら、これは、徳島行き「しおかぜ」でした。同じホームの奥にマリンライナー高松行きが待機していました。これに乗車して児島まで。児島の駅前は、相変わら…

「骨を彩る」

「骨を彩る」 彩瀬まる 平成29年2月10日第1刷 幻冬舎文庫 やれ、やれ、先週の週末は、細君が熱発。ぼくが、家事一切をやる事となりました。食事の準備、片付け、洗濯、掃除、ごみ捨て、買い物など、主夫業務は、大変です。日頃の細君の働きに感謝する…